メディア
連載
» 2019年11月08日 11時30分 公開

福田昭のストレージ通信(162):HDD大手Seagateの四半期業績は増収減益に (2/2)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

HDDの総出荷記憶容量

 Seagateは、HDDの総出荷記憶容量と1台当たりの記憶容量を応用分野別に公表している。応用分野は、「エンタープライズ分野のミッションクリチカル向けとニアライン向け」「エッジ(クライアント)の非コンピュータ分野における、コンシューマーエレクトロニクス(ビデオレコーダーや監視カメラ、ゲーム機など)向けと、コンシューマー(市販の外付けドライブなど)向け」「エッジ(クライアント)のコンピュータ分野(デスクトップPCとノートPC)向け」である。

応用分野別HDD製品の総出荷記憶容量と1台当たりの平均記憶容量、売り上げ比率の推移。出典:Seagate Technology(クリックで拡大)

 詳細をエンタープライズ分野から見ていこう。エンタープライズ分野のほとんどを占めるニアライン向けHDDの総出荷記憶容量は、47.4エクサバイト(EB)である。前四半期の34.8EBから大幅に増加した。残りであるミッションクリチカル向けの総出荷記憶容量は3.2EBである。前四半期の2.9EBから0.3EBほど増えた。エンタープライズ分野のHDD1台当たりの平均記憶容量は6.3テラバイト(TB)である。前四半期の5.5TBに比べて0.8TB増加し、前四半期に続いて過去最大容量を更新した。

 続いて、エッジ(クライアント)の非コンピュータ分野である。コンシューマーエレクトロニクス(ビデオレコーダーや監視カメラ、ゲーム機など)向けHDDの総出荷記憶容量は22.0EBとなった。前四半期比べて0.7EB減少した。コンシューマー向け(市販の外付けドライブなど)HDDの総出荷記憶容量は11.1EBである。前の四半期に比べて0.7EB増加した。同分野におけるHDD1台当たりの平均記憶容量は2.5TBで、前の四半期と同じだった。

 エッジ(クライアント)のコンピュータ分野(デスクトップPCとノートPC)向けHDDの総出荷記憶容量は14.7EBである。4四半期振りに前の四半期を上回った。前四半期の出荷容量は13.7EB。同分野におけるHDD1台当たりの平均記憶容量は1.2TBである。6四半期連続で同じ容量となった。

 HDD全体の総出荷記憶容量は98.3EBである。前四半期に比べて13.8EB増え、過去最高を記録した2019会計年度第1四半期(2018年7月〜9月期)の98.8EBとほぼ同じ水準になった。HDD1台当たりの平均記憶容量は2.9TBである。前の四半期に比べて0.2TB増え、前四半期に続いて過去最大の容量を更新した。

(次回に続く)

⇒「福田昭のストレージ通信」連載バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.