メディア
ニュース
» 2019年11月14日 10時30分 公開

新たな触覚センサー開発へ:タッチエンス、香川大学とライセンス契約結ぶ

タッチエンスは、香川大学とMEMS触覚センサー技術に関するライセンス契約を結んだ。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

2年後に「ショッカクグローブ」を市場投入

触覚センサーの応用例 出典:タッチエンス

 タッチエンスは2019年11月、香川大学とMEMS触覚センサー技術および、手触り感の評価方法に関するライセンス契約を結んだと発表した。タッチエンスは、ロボットや美容、ヘルスケアなどの用途に向けて、2年後の商品化を予定している。

 タッチエンスは、研究段階にある触覚センサーの量産化を目指す開発型ベンチャー企業である。2017年11月には柔軟触覚センサー「ショッカクロボット」の量産を始めた。2018年には東京大学の山下研究室とライセンス契約し、MEMS触覚センサー技術をベースとした、極めて小さい多軸触覚センサーを開発中である。

 そして今回、香川大学の高尾研究室が開発した手触り感の計測に向けたMEMS触覚センサー技術について、香川大学とライセンス契約を結んだ。タッチエンスは、人間の指先を上回る手触り感の検知能力を備えたMEMS触覚センサーデバイス「ショッカクグローブ」を、小型かつ低コストで実現することにより、新たな触覚センサー市場の創出を目指している。

香川大学が開発したMEMS触覚センサーの基本構造、その応用例、主な特長 (クリックで拡大) 出典:タッチエンス、香川大学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.