メディア
ニュース
» 2019年11月13日 09時30分 公開

「Looking Glass」の新製品:10人が同時に裸眼3Dを楽しめる、8Kディスプレイ

裸眼で立体視できるホログラフィックディスプレイ「Looking Glass」を手掛ける米Looking Glass Factoryは2019年11月13日、7680×4320ピクセル(8K)に対応した32型の「Looking Glass 8K Immersive Display(以下、Looking Glass 8K)」を発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 裸眼で立体視できるホログラフィックディスプレイ「Looking Glass」を手掛ける米Looking Glass Factoryは2019年11月13日、7680×4320ピクセル(8K)に対応した32型の「Looking Glass 8K Immersive Display(以下、Looking Glass 8K)」を発表した。

 Looking Glassは、「3Dモデルについて、水平方向に1度ずつ角度が違う画像を45枚(つまり45度分)生成し、ディスプレイに搭載しているレンズアレイを通して最大60fps(フレーム/秒)で表示する」という仕組みで映像を表示する。


既存モデルから大幅な大型化と高精細化

 Looking Glass Factoryは2018年に、開発者/3Dクリエイター向けの8.9型モデルおよび15.6型モデルを発表したが、これらは既に世界で数千台の出荷実績があるという。その後はエンタープライズ向けとなる15.6型の「Looking Glass Pro」も発表した。これらのモデルのディスプレイ解像度は2560×1600ピクセル(2K)または3840×2160ピクセル(4K)だったが、今回のLooking Glass 8Kは32型で8Kと、かなり大型化かつ高精細化した。これにより、最大12人が同時に3D画像を裸眼で見ることができるようになる。

「Looking Glass 8K」では、最大12人が同時に3D画像を裸眼で見られるようになる。外形寸法(概算値)は幅73.4cm×高さ42.4cm×奥行10.2cm(突起部は含まない)で重量は28.6kg 提供:Looking Glass Factory. (c)2019 All Rights Reserved.(クリックで拡大)
非常にリアルな裸眼3D映像(ちょっと怖くてすみません)を見ることができる。見る角度によって、見える角度が異なる(クリックで拡大)

 Looking Glass Factoryの共同創設者兼CEOを務めるShawn Frayne氏は、これは画期的なことだと強調する。「何人か集まって同時にLooking Glassを見るというのは、顧客からのニーズでもあり、われわれがLooking Glassで実現したいことでもあった」と、Frayne氏は語る。

開発者向けの8.9型/15.6型と、Looking Glass 8Kの比較 提供:Looking Glass Factory. (c)2019 All Rights Reserved.(クリックで拡大)

 Looking Glass 8Kは、まずはエンターテインメント、医療や教育をターゲットとする。医療では、例えば手術のトレーニングをしたり、患者やその家族に治療や診断の説明をしたりといった用途で使用できる。特にゲームは、同社が期待を寄せている分野で、UnityやUnreal Engineといったゲームエンジンとのソフトウェア互換性を確保している。

 なお、開発者向けのLooking Glassを既に持っているユーザーは、ソフトウェアをアップデートするだけで、Looking Glass 8Kにも対応できるようになる。

 Looking Glass 8Kの購入には事前予約が必要で、現在、予約受付中である。2020年春から順次、出荷を開始する。Frayne氏によると、出荷開始までに、ハードウェアの変更はなく、ソフトウェアでは幾つかの機能の追加や性能の向上があるという。

必要な要素がそろったのが「今」だった

 Frayne氏は、Looking Glassの市場について、「3Dクリエイター向けのモデルを発表した2018年が第1段階だと考えている。これによってユーザーは初めて、卓上タイプの本格的な裸眼3Dディスプレイの開発キットを手にすることができるようになった。今回のLooking Glass 8Kが第2段階だ。エンタープライズの分野で高い付加価値を提供できるようになった。そして、民生市場で使われるようになるのが第3段階となるだろう。ただ、この段階がいつごろになるか、そしてどのようなアプリケーションが開発されるのかは分からない」と述べた。

 「皆で見られる裸眼3Dディスプレイの実現は、約20年前から目標にしていたことだ。だが、ほんの2年前ですら、それに必要な技術や環境はそろっていなかった。ホログラフィックディスプレイの動作に十分な高性能のコンピュータ、8K対応の信号モジュール、医療などさまざまな分野で多数の3Dモデルが充実してきたこと、3Dクリエイターや開発者の数が増えてきていること――。こうした、必要なたくさんの要素がそろったのが、“今”なのだと思う。だからこそ今、Looking Glass 8Kを実現することができた」(Frayne氏)

 Frayne氏は「これまでLooking Glassは、実用的なアプリケーションを開発できる本格的なツールというよりは、“おもちゃ”のようなモノだと考えられてきたと思う。だが、われわれはLooking Glassは、単なる“おもちゃ”のようなツールにはとどまらないと信じて開発を進めてきた。Looking Glass 8Kは、ホログラフィックディスプレイが社会を変えるパワフルなツールであると証明できる製品だと確信している」と語った。

Looking Glass Factory CEOのShawn Frayne氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.