メディア
ニュース
» 2019年11月14日 13時30分 公開

EMLやTOSAを直接変調:アンリツ、56Gbaud PAM4高出力差動リニアアンプ

アンリツは、56Gbaud PAM4信号評価に対応した高出力差動リニアアンプ「AH54192A」を開発、量産を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

誤操作による破損を防ぐ専用電源も用意

 アンリツは2019年11月、56Gbaud PAM4信号評価に対応した高出力差動リニアアンプ「AH54192A」を開発、量産を始めたと発表した。

 AH54192Aは、100G/200G/400GbE光トランシーバーに採用される56Gbaud PAM4信号を、差動4Vppで出力することができる増幅器。これにより、変調器集積半導体レーザー(EML)や送信用小型光デバイス(TOSA)を直接変調することができる。

 増幅した信号はノイズが少なく、光信号に変換した後でもPAM光信号の品質を示すTDECQ値は劣化が極めて小さいという。専用電源も用意した。これを用いることで、電源の誤動作による素子の破損を防止する。また、デジタルメーターを用いた振幅可変機能により、再現性の高い信号増幅を可能にした。消費電力も最大0.9Wと極めて小さい。

AH54192Aと専用電源の外観

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.