メディア
ET & IoT Technology 2019 特集
ニュース
» 2019年11月28日 13時30分 公開

ET&IoT Technology 2019:ザイリンクス、新たな統合開発環境を提供開始

ザイリンクスは、「ET&IoT Technology 2019」で、新たな統合ソフトウェアプラットフォーム「Vitis」や、データセンターワークロード向けアクセラレーターカード「ALVEO」などを紹介。ALVEOを用いエッジ側でAI処理を行い、人の顔や物体を認識するデモ展示を行った。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ソフト開発者もハード最適化でAI推論性能を最大化

 ザイリンクスは、組み込みおよびIoT(モノのインターネット)関連技術の総合展示会「ET&IoT Technology 2019」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)で、新たな統合ソフトウェアプラットフォーム「Vitis」や、データセンターワークロード向けアクセラレーターカード「ALVEO」などを紹介。ALVEOを用いエッジ側でAI処理を行い、人の顔や物体を認識するデモ展示を行った。

 Vitisは、「AI開発環境」やザイリンクス製ハードウェア向けに最適化された「アクセラレーションライブラリ」、アクセラレーションアプリケーションをシームレスに構築するための「コア開発キット」などからなる。2019年11月中旬より無償でダウンロードが可能となった。

 AI開発環境は、ALVEOやクラウド内部のFPGAでAI推論性能を最大化するための開発環境。「TensorFlow」や「Caffee」などの深層学習フレームワークをサポートしている。アクセラレーションライブラリは、C/C++やPythonで記述済みのアプリケーションに最小限のコード変更を行うだけで高速化できるという。

 コア開発キットには、コンパイラやデバッガ、アナライザーなどが含まれる。ザイリンクスのランタイムライブラリも提供される。

 ザイリンクスは、Vitisを用いてAIカメラの開発を加速するためのウェビナーを、2019年12月中旬に開催する予定である。

 ターゲットプラットフォームとなるALVEOについては、従来のハイパワー製品に加え、ロープロファイルでPCIe Gen4に対応した「Alveo U50」を新たに追加した。ブースでは従来の「Alveo U250」を用い、7種類の映像データを入力して、高速に顔や物体を認識するデモを行った。

Alveo U250を用いて顔や物体を認識するデモの模様

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.