メディア
ニュース
» 2019年11月28日 18時30分 公開

12.3型透明液晶も公開:JDIがマイクロLEDディスプレイを公開、1.6型3000cd/m^2

ジャパンディスプレイ(以下、JDI)は2019年11月28日、開発中の1.6型265ピクセル/インチ(ppi)のマイクロLEDディスプレイを報道関係者向けに公開した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 ジャパンディスプレイ(以下、JDI)は2019年11月28日、開発中の1.6型265ピクセル/インチ(ppi)のマイクロLEDディスプレイを報道関係者向けに公開した。3000cd/m2の高輝度を誇り、車載ディスプレイなどへの応用を模索する。量産開始時期は未定だが「できるだけ早期に量産へ移行したい」(同社)とする。

公開された1.6型マイクロLEDディスプレイ。高い輝度と極めて広い視野が特長 (クリックで拡大)

 開発中のマイクロLEDディスプレイは、JDIのコア技術であるLTPS(低温ポリシリコン)バックプレーン技術を用い、同バックプレーン上にマイクロLEDを実装したもの。マイクロLEDチップは、米国に本社を置く新興企業gloのチップを採用している。

 この日、公開したマイクロLEDディスプレイは、精細度265ppi、1.6型サイズで、画素数は300×300×RGB(マイクロLED数27万チップ)。輝度は、「バックプレーン上に形成したマイクロLEDディスプレイとして最高」(JDI)という3000cd/m2を実現した。また、視野角も178度超と、極めて広い。

JDIのマイクロLEDディスプレイの特長 (クリックで拡大) 出典:ジャパンディスプレイ

 JDIでは、高輝度という特長から、車載ディスプレイなど「太陽光が入り込むような用途での応用を見込んでいる」とし、用途開拓を進めていく方針。

 ディスプレイサイズの大型化については「問題ない」としつつ、「(製品化は)最大で10型程度にする方向で検討中。10型を上回るサイズについては、(複数のパネルをつなぎ合わせる)タイリングで対応していくことも検討している」という。

 量産技術の構築状況については、「もう1つ(乗り越えるべき)ハードルがあると思っている」としながらも、「できるだけ早期に量産へ移行したい」と量産に向けて一定のメドがついていることを示唆。「量産する際は、国内の既存工場を活用して実施する量産に向けた投資規模は、有機ELディスプレイなどに比べ、低く抑えられるだろう」とした。

12.3型透明液晶ディスプレイも公開

 JDIは同日、2017年に発表した透明液晶ディスプレイの改良版を公開するとともに、2020年から透明液晶ディスプレイの量産を開始することも明らかにした。公開した透明液晶ディスプレイは、2017年当時4型だったディスプレイサイズを12.3型に拡大。材料や液晶構造の見直しなども図り、オフ時の透過率を80%から87%に高めた。

左=公開した12.3型透明液晶ディスプレイ。画素数は1440×540画素で精細度125ppi。最大表示色は4096色 / 右=JDIの透明ディスプレイの表示の仕組み (クリックで拡大) 出典:ジャパンディスプレイ

 「応用用途などは明かせない」としながらも採用が決定し、2020年から4型サイズの透明液晶ディスプレイの量産を、国内の既存液晶ディスプレイ生産ラインを用いて行うという。

 マイクロLEDディスプレイ、透明液晶ディスプレイともに2019年12月4〜6日に開催される展示会「ファインテック ジャパン 2019」で一般公開される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.