メディア
ニュース
» 2019年12月10日 11時30分 公開

オンセミ、最新技術で産業用イメージセンサー拡大イメージセンサー上での推論も目指す(2/3 ページ)

[永山準,EE Times Japan]

技術の発展で幅広い用途に拡大するCMOSイメージセンサー

 Erhardt氏は、産業用イメージングは、サイズや容量などの計測/計量、製品の位置検知/誘導、数量の検出や検査、1D、2Dの解読や識別の4つのカテゴリーに分けられるとし、求められる要素として高解像度、高画質、高フレームレート、そして小型化や低コスト化を挙げた。そのうえで高速出力やグローバルシャッターの進歩、ピクセル内イメージ補正、プロセスノードの縮小、BSI(裏面照射)、積層アーキテクチャといったテクノロジードライバーによって改善を図り、2005年のLUPAからVITA、PYTHON、XGSと、より性能の高い製品を展開してきたことを説明した。

左=4つのカテゴリーと求められる要素/右=オンセミの製品の進化を表したグラフ。青の線が解像度、緑が読み出しノイズ、黄がバンド幅を表している。技術の発展によって指数関数的に向上していることを示している(クリックで拡大)出典:On Semiconductor

 こうして進化してきた同社の最新製品によって実現するソリューションとして、Erhardt氏は同社のXGS45000を用いた例を挙げた。XGS45000はグローバルシャッター搭載の44.7メガピクセル(8192×5460)CMOSイメージセンサーで、最大解像度の場合、12ビット出力で最大48フレーム/秒の読み出しに対応。8K(8192×4320)モードでは12ビット出力で最大60フレーム/秒が可能になる。

左= まず1つ目の例は、フラットパネル検査だ。XGS45000を用いることで、パネルをピクセル単位での検査が可能としている。写真は国際画像機器展2019で公開されたデモの様子/右=会場で展示されていた同社のCMOSイメージセンサー「XGSシリーズ」手前の一番大きなものがXGS45000だ(クリックで拡大)出典:On Semiconductor
その他に示されたのは、プリント基板の検査と監視/放送用途の例だ。44.7メガピクセル(8192×5460)という高解像度を生かして、より広く大きな面積を撮影が可能になり、相対速度も向上する(クリックで拡大)出典:On Semiconductor

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.