メディア
ニュース
» 2019年12月11日 08時30分 公開

SEMICON Japan 2019が開幕:「世界の半導体業界を支える日本」を強調したい SEMI (1/2)

SEMIジャパンは2019年12月10日、都内で記者発表会を開催し、12月11〜13日にかけて開催される「SEMICON Japan 2019」(東京ビッグサイト)のハイライトと、2020年の半導体市場予測について説明した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
SEMICON Japan推進委員会 委員長の今野宏氏

 SEMIジャパンは2019年12月10日、都内で記者発表会を開催し、12月11〜13日にかけて開催される「SEMICON Japan 2019」(東京ビッグサイト)のハイライトと、2020年の半導体市場予測について説明した。

 SEMICON Japan 2019のテーマは「次代のコアになる。」だ。SEMICON Japan推進委員会 委員長を務める、THK副社長の今野宏氏は、「今回出展する約700社全てが、次代のコアになりたいと考えている」と強調する。

 今野氏は、今回のSEMICON Japanのポイントとして3つを挙げた。

 1つ目が、「若い力」である。「若い力が未来を変えていくと考えている。そのためには、若い力で半導体業界を発展させるための仕掛けが必要だ。今回は、若手エンジニアや学生を対象としたセミナーやハッカソンなど、たくさんの“仕掛け”を準備した」(今野氏)

若手エンジニアや学生が、半導体業界についての知識を学べる場を用意している。既に約800人の学生が、ブースツアーを予約しているという 出典:SEMIジャパン(クリックで拡大)

 2つ目がBCP(事業継続計画)対策だ。地震などの災害が多い日本で、いかに半導体のサプライチェーンや製造ラインを守るのか、その対策に関するノウハウが展示される。

BCPを展示するゾーンでは、免震体験車を用意。震度7の揺れと、免震効果を体験できる 出典:SEMIジャパン(クリックで拡大)

 3つ目は、東京ビッグサイト・西展示棟アトリウムの「Super THEATER」で開催される「みらいビジョンフォーラム」である。今野氏は「日本で足りないのは、ベンチャー企業を起こして、社会問題を解決していく力。みらいビジョンフォーラムでは、自律型ドローンやサイボーグの技術を手掛けるハイテク系スタートアップ2社と、インキュベーターが登壇し、テクノロジーを駆使する未来について語る」と説明する。

 その他のハイライトを紹介する。

「SEMICON Japan 2019」では、多数の実機が展示される 出典:SEMIジャパン(クリックで拡大)
特別展示の一つである「SMART Transportation」では、自動運転と空飛ぶクルマをメインテーマに、展示とセミナーを行う。特に、オープンソースのソフトウェアを搭載した自動運転車には注目してほしいと、今野氏は述べる 出典:SEMIジャパン(クリックで拡大)
もう一つの特別展示「SMART Manufacturing」では、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)で半導体工場を“見える化”する技術を展示する。半導体業界では、装置を使用するトレーニングやメンテナンスの訓練をバーチャルなツールを使って行う取り組みが一部で始まっている。この展示は、そうした取り組みに向けた提案となる 出典:SEMIジャパン(クリックで拡大)
SEMIジャパン代表の浜島雅彦氏

 SEMIジャパン代表の浜島雅彦氏は、他の地域(中国や台湾、米国など)で開催しているSEMICONのイベントに比べ、SEMICON Japanでは、サプライチェーンの強さを前面に押し出したいと強調する。「日本の製造装置メーカー、部品メーカー、材料メーカーが世界の半導体業界を支えている。装置メーカーからは、シェアが伸びているという声も聞く。装置、部品、材料メーカー各社が、次のイノベーションにつながるネットワーキングを見いだせる場が、SEMICON Japanである」(同氏)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.