メディア
ニュース
» 2019年12月26日 10時30分 公開

次世代型HMI技術の開発を加速:村田製作所、ミライセンスを買収し完全子会社化

村田製作所は、3D触力覚技術を活用したハプティクスソリューション技術を提供するミライセンスを買収し、完全子会社とする。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

3D触力覚技術を活用したハプティクスソリューションを提供

 村田製作所は2019年12月、ミライセンスを買収し完全子会社にすると発表した。次世代型HMI(Human Machine Interface)技術の開発を加速する。

 ミライセンスは、産業技術総合研究所(産総研)技術移転ベンチャーである。産総研が発明した脳科学ベースのハプティクス「錯触力覚」技術を普及させるため、2014年に創業した。錯触力覚をベースに開発した3D触力覚技術を活用し、ハプティクスソリューションを提供している。

3D触力覚技術のイメージ 出典:村田製作所

 ミライセンスのハプティクスソリューション技術は、任意の振動波形を用いて脳に錯覚を起こすことで、利用者にさまざまな質感や感触を知覚させる方式。物理工学をベースとした従来方式とは異なるという。

 この技術によって、VRゲームなどデジタルコンテンツ上で表現された物体であっても、実物に触れているような柔らかさや手触り感を得ることができる。しかも、独自のプログラム技術や筐体設計技術により、小型で安価なハードウェアを用いて実現できるのが特長の1つでもある。

 村田製作所は、自社のデバイス設計技術とミライセンスのハプティクスソリューションを組み合わせることで、ユニークな製品やサービスの提供を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.