メディア
ニュース
» 2020年01月10日 10時30分 公開

FoxconnとNetwork Optix:ソシオネクスト、エッジAIソリューションで協業

ソシオネクストは、Foxconn Technology Groupおよび、Network Optixと共同で「エッジAIソリューション」を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

処理能力20TOPSのエッジAIサーバ

BOXiedgeの外観 出典:ソシオネクスト

 ソシオネクストは2020年1月、Foxconn Technology Groupおよび、Network Optixと共同で、「エッジAIソリューション」を開発したと発表した。工場や商業施設などにおいて、複数のIPカメラで撮影した入力映像を高速処理し、物体や人物などをリアルタイムに認識することが可能となる。

 ソシオネクストとFoxconnが共同開発したエッジAIサーバ「BOXiedge」は、小型でファンレス構造となっており、さまざまな用途で活用することができる。BOXiedgeには、Arm Cortex A53を24コア搭載したプロセッサSoCや、AIアクセラレーターカードが実装されており、処理能力は20TOPS(Tera Operations Per Second)を超えるという。筐体の外形寸法は200×200mm(1U)で、消費電力は30W(代表値)と少ない。

開発した「Edge AI Server with VMS」の構成イメージ (クリックで拡大) 出典:ソシオネクスト

 また、「Caffe」や「TensorFlow」といった主要なAI開発フレームワークをサポートしている。このため、新たな知識を習得する負荷も軽減できる。Network Optix製のビデオ管理ソフトウェア「Nx Witness VMS(Video Management Software)」もプリインストールされている。このため、「Nx Meta Video Development Platform」上に構築された「Powered-by-Nx」製品群とシームレスに連携させることができ、映像の分析や情報付加によるデータ価値の向上を容易に実現できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.