メディア
オートモーティブワールド 特集
ニュース
» 2020年01月20日 10時30分 公開

オートモーティブ ワールド2020:HDBaseTを使う車載通信用チップ、Valensが展示

イスラエルの半導体メーカーValens Semiconductor(以下、Valens)は「オートモーティブ ワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)で、車載通信向けに、HDBaseTをサポートするチップセット(送信用チップと受信用チップ)「VA608A」を展示した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 イスラエルの半導体メーカーValens Semiconductor(以下、Valens)は「オートモーティブ ワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)で、車載通信向けに、HDBaseTをサポートするチップセット(送信用チップと受信用チップ)「VA608A」を展示した。

 自動運転/ADAS(先進運転支援システム)では、カメラやセンサーなどで取得した大量のデータを、より高速に、より堅ろうに送信する技術がますます求められるようになっている。そうした中で、映像系の伝送で既に十分に実績のあるHDBaseTを自動車に応用する動きが広がっている。

 Valensの日本法人バレンズジャパンでジェネラルマネジャーを務める井口信太郎氏は、HDBaseTを使えば、UTP(非シールド型より対線)ケーブルで、フルHDの映像をマルチギガビット/秒の速度で15m以上伝送することが可能になると説明する。「従来の車載ネットワークのケーブルに比べて格段に軽く、細くなるので取り回しも容易になる。HDBaseTはクルマに導入しやすい技術だ」(同氏)

「オートモーティブ ワールド2020」で展示したチップ「VA608A」の評価基板(チップはヒートシンクの下に搭載されている)。HDBaseT信号の送信側と受信側、2枚の基板をUTPケーブルで接続している。このケーブルで車載通信ができる(クリックで拡大)

 ValensのHDBaseT伝送技術は、MIPI Allianceが車載通信の物理層規格として策定している「MIPI A-PHY」に採用されている。MIPI A-PHYにはプロフィール1とプロフィール2の2種類がある。プロフィール1は低速対応で、プロフィール2は2Gビット/秒(bps)〜48Gbpsまでに対応するものとなっている。

 井口氏は「HDBaseTは映像伝送の分野で実績のある技術であり、MIPI A-PHYの標準技術にもなっている。安心して導入を検討してほしい」と述べた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.