メディア
ニュース
» 2020年01月31日 10時30分 公開

個々のジッタ成分をより深く解析:ローデ、オシロ向けジッタ解析オプションを発売

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、オシロスコープ「R&S RTO/RTP」を用い、高速信号のデバッグを効率よく行うためのジッタ解析オプション「RTO‐K133/RTP‐K133」を発売した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

パラメトリック信号モデルに基づいた解析手法

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2020年1月、オシロスコープ「R&S RTO/RTP」用のジッタ解析オプション「R&S RTO‐K133」および、「R&S RTP‐K133」の販売を始めた。高速信号のデバッグを効率よく行うことができる。

 RTO‐K133とRTP‐K133は、ジッタを「ランダム成分」と「デターミニスティック成分」に分離して、その解析結果を表示することができるツール。この解析手法は、ケーブルなど伝送線路の振る舞いを完全に特徴付ける、「パラメトリック信号モデル」に基づいている。

 この手法の利点は、被測定物の完全な波形特性を含んでいることである。これにより、比較的短い信号シーケンスであっても、一貫した測定データに加え、ステップレスポンスなどこれまでは利用できなかった情報、また垂直および水平周期的ジッタの区別を可能にした。

ジッタ解析オプション「RTO‐K133」による解析結果の表示例 出典:ローデ・シュワルツ・ジャパン

 さらに技術者は、「合成アイダイヤグラム」や「全ての個別ジッタ成分のヒストグラム」「周期的ジッタのスペクトラムビューとピークビュー」「ビットエラーレートを推定するためのバスタブプロット」といったジッタ表現を行うことで、高速信号のデバッグに有用な詳細情報を活用することが可能となる。

 価格は、RTP‐K133が124万1000円、RTO‐K133が77万円である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.