メディア
ニュース
» 2020年02月04日 09時30分 公開

村田製、中国工場の再稼働「現時点では不透明」:新型コロナ「サプライチェーンに大きな影響の可能性」

村田製作所は2020年2月3日、東京都内で2020年3月期(2019年度)第3四半期の決算説明会を行った。説明会の中で、同社取締役上席執行役員企画管理本部経理・財務・企画グループ統括部長、南出雅範氏は、中国を中心に感染が拡大する新型コロナウイルスについて言及。「場合によってはサプライチェーンそれなりに大きな影響が出ることが考えられる」と危機感を示した。

[永山準,EE Times Japan]
村田製作所取締役上席執行役員企画管理本部経理・財務・企画グループ統括部長、南出雅範氏

 村田製作所は2020年2月3日、東京都内で2020年3月期(2019年度)第3四半期の決算説明会を行った。説明会の中で、同社取締役上席執行役員企画管理本部経理・財務・企画グループ統括部長、南出雅範氏は、中国を中心に感染が拡大する新型コロナウイルスについて言及。「場合によってはサプライチェーンそれなりに大きな影響が出ることが考えられる」と危機感を示した。

 村田製作所は、中国の地方政府からの通達を受け、2020年2月9日まで中国内の全工場の稼働を停止している。説明会で南出氏は、「2月10日から稼働予定とはなっているが、現時点では不透明だ」(南出氏)と説明。「通達を出しているのは地方政府ごとだが、今後、厳しめの対応を取った省に他の省が追随する可能性はある」との認識を示した。ただ、足元の受注は好調で「コンデンサーや通信関連のモジュール製品が想定より上振れする可能性がある」としており、新型コロナウイルスに関する不透明感などを含んだうえで、通期の業績予想については2019年10月に発表した予想を据え置いた。

5G基地局向けコンデンサー好調、2020年度も10%能力増強へ

 村田製作所の2019年度第3四半期(9〜12月)売上高についてはカーエレクトロニクスや5G(第5世代移動通信)の基地局向けで積層セラミックコンデンサー(MLCC)の需要が拡大した一方、スマートフォン向けに樹脂多層基板(メトロサーク)やMLCC、リチウムイオン二次電池などが減少し、前年同期比4.1%減の4102億円となった。また、営業利益は同7.2%減の795億円、純利益は同6.8%減の561億円で、減収減益となった。

2019年度第3四半期業績概況(クリックで拡大)出典:村田製作所

 ただ、直近四半期比で見ると、5Gの基地局向けにMLCCの需要が大きく拡大したことなどが影響し、増収増益となっている。MLCCについては受注高も大きく増加しているといい、同社は、2020年度にコンデンサー生産能力を10%増強する方針を明かした。第3四半期のコンデンサー分野全体の売上高のうち、5G基地局向けが占める割合は10%強で、「四半期を追うごとに上がってきている状況だ」という。

受注高の推移(クリックで拡大)出典:村田製作所

 直近四半期比ではその他、「圧電製品分野」でも、表面波フィルターが中国のスマホ向けで堅調で5.5%増、「モジュール分野」も、スマホ向けのRFモジュール、Wi-Fiモジュールが増加し、2%増となっている。南出氏は、第4四半期に関しても、「スマホ向けの部品が全般的に想定より好調だ」と説明していた。

製品別売上高(クリックで拡大)出典:村田製作所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.