メディア
ニュース
» 2020年02月06日 10時30分 公開

2020年は「緩やかな成長の見込み」:2019年の世界半導市場、12%のマイナス成長

米国半導体工業会(SIA:Semiconductor Industry Association)は2020年2月3日(米国時間)、2019年の世界半導体売上高が前年比12%減の4120億米ドルだったと発表した。SIAは、「進行中の世界的な貿易紛争や製品価格の周期性などのさまざまな要因が重なった」と分析している。

[永山準,EE Times Japan]

 米国半導体工業会(SIA:Semiconductor Industry Association)は2020年2月3日(米国時間)、2019年の世界半導体売上高が前年比12%減の4120億米ドルだったと発表した。SIAは、「進行中の世界的な貿易紛争や製品価格の周期性などのさまざまな要因が重なった」と分析している。

世界半導体市場の売上高、増減率の推移(クリックで拡大) 出典:世界半導体市場統計(WSTS)

 この集計は、世界半導体市場統計(WSTS)のデータをもとにしたもの。2019年12月(単月)の売上高は前年同月比5.5%減、2019年11月からは1.7%減の361億米ドル。2019年第4四半期は前年同期比5.5%減だったが、前四半期比では0.9%微増の1083億米ドルとなっている。

 SIAの社長兼CEO(最高経営責任者)のJohn Neuffer氏は、「2019年下半期に世界の半導体市場は多少回復した。第3四半期から第4四半期には売上高がわずかに増加しており、2020年には緩やかな成長が見込まれる」と説明。そのうえで、「今後数カ月にわたる継続的な回復のためには、自由貿易を促進し、グローバル市場への開かれたアクセスを確保する政策が必要だ。米国、メキシコ、カナダの貿易協定『USMCA』の批准と米中フェーズ1合意署名は前向きなステップだ」と述べている。

オプトエレクトロニクスは増加したが……メモリ大幅減が全体を引き下げ

 製品セグメント別では、メモリとロジックがそれぞれ売上高1064億米ドルで最大の市場だが、メモリはユニット数がわずかに増加したにもかかわらず、売上高が前年比32.6%の大幅減となった。DRAM、NAND型フラッシュメモリで分けると、DRAMは前年比37.1%減、NANDフラッシュは同25.9%減だった。メモリを除いた場合の世界半導体売上高の減少率は1.7%にとどまっており、CMOSイメージセンサーに代表されるオプトエレクトロニクスに関しては、前年比9.3%増の成長を見せていた。またマイクロIC(マイクロプロセッサを含む)の売上高は664億米ドルでメモリ、ロジックに次ぐ市場規模となっている。

 地域別では、欧州が前年比7.3%減、中国が同8.7%減、アジア太平洋/その他が同9%減、日本が同10%減、米州が同23.8%減。2019年12月(単月)では、米州が前月比0.1%の微増となったが、その他地域は日本が同2%減、アジア太平洋/その他が2.2%減、欧州が同4.5%減、中国が同1.5%減でいずれもマイナス成長となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.