メディア
ニュース
» 2020年02月06日 11時30分 公開

SEMIが2019年実績を発表:ウエハー出荷面積、2018年に比べ7%の減少

SEMIは、半導体向けシリコンウエハー出荷面積と販売額について、2019年の実績を発表した。いずれも2018年実績を下回っているが、販売額としては110億米ドル台を確保した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

販売額では110億米ドル台を確保

 SEMIは2020年2月4日(米国時間)、半導体向けシリコンウエハー出荷面積と販売額について、2019年の実績を発表した。いずれも2018年実績を下回っているが、販売額としては110億米ドル台を確保した。

 SEMIは、SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)が2019年末に実施したシリコンウエハー業界の分析結果を基に、出荷面積と販売額を発表した。これによると、2019年の出荷面積は総計で118億1000万平方インチとなった。過去最高を記録した2018年の127億3200万平方インチに比べると、7%の減少となる。

 シリコンウエハーの販売額は111億5000万米ドルとなった。2018年実績の113億8000万米ドルに比べて、2%の減少となる。

半導体用シリコンウエハーの年別出荷面積および、販売額の推移 (クリックで拡大) 出典:SEMI

 SEMI SMGの副会長を務めるNeil Weaver氏は、「メモリ市場の軟化と在庫調整によって、2019年の世界半導体用シリコンウエハー出荷面積は減少したが、販売額は安定した力強さを示している」とコメントした。

 SEMIが今回の調査で対象としている製品は、ウエハーメーカーよりエンドユーザーに出荷されたバージンテストウエハーやエピタキシャルウエハーを含む鏡面ウエハーおよび、ノンポリッシュドウエハーである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.