メディア
ニュース
» 2020年02月12日 10時00分 公開

従来比最大480倍のML性能を実現:エンドポイントAI向け新Cortex-Mプロセッサ&NPU (3/3)

[永山準,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

最大480倍の性能向上を実現

 MLの性能については、理論上のパフォーマンス最大値としてCortex-M55が従来比15倍、Ethos-U55が32倍を発揮。2つを組み合わせることで従来比480倍のパフォーマンスを発揮するとしている。

 また、音声認識を用いたボイスアシスタントのアプリケーションを実際に動作させた場合のCortex-M7とのベンチマーク比較では、Cortex-M55上で動作させた場合で6倍、さらにCortex-M55とEthno-U55をヘテロジーニアスで組んだシステムで実行した場合には50倍の性能を発揮したという。エネルギー効率についても同様にCortex-M55のみで動作させた場合で7倍、Cortex-M55とEthos-U55の組み合わせの場合25倍の高効率を実現している。

パフォーマンスの比較(クリックで拡大)出典:Arm

 Armは今回のこの2つのIPが、これまでCortex-AやGPU「Mali」シリーズなどで対応してきた「非常にワークロードの高い推論アプリケーション」と、既存のCortex-Mシリーズで対応してきたシンプルな処理の中間の「これまで抜けていた間のエリアをカバーする」ものと位置付けている。具体的なアプリケーションとしては、音声認識や画像処理などを挙げている。

ソリューションごとの住み分け(クリックで拡大)出典:Arm

 ArmはこれらのIPを用いたパートナーの最終半導体製品の出荷スケジュールは、2021年初頭と見込んでいる。既にCypress Semiconductor、STMicroelectronics、Samsung Electronics、NXP Semiconductorsなどが採用意向を表明している。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.