メディア
速報
» 2020年02月26日 09時30分 公開

大手半導体企業は軒並み出展中止:「embedded world 2020」がドイツで開幕

ドイツ・ニュルンベルクで、2020年2月25日から組み込み関連技術の国際展示会「embedded world 2020」が始まっている。毎年、多くの大手半導体メーカーが出展する同展示会だが、ことしは新型肺炎の影響で出展中止が相次いだ。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ドイツ・ニュルンベルクで、2020年2月25日から組み込み関連技術の国際展示会「embedded world 2020」が始まっている。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に対する懸念は世界的に高まっており、国内外のイベント中止や延期が相次いでいる。embedded worldとちょうど同時期に開催予定だった世界最大規模のモバイル関連の展示会「MWC(Mobile World Congress) 2020」は、2月12日(スペイン時間)に中止が発表された。

「embedded world 2020」がドイツ・ニュルンベルクで始まった

 embedded world 2020でも、主催のNürnbergMesseは連日、状況のアップデートを行いながら開催の可否を検討し、開催を決断した。それでも企業の出展中止は避けられず、特に毎年大きな展示エリアを占めていた大手半導体メーカーのキャンセルが目立つ。開催地ドイツを代表するInfineon Technologiesも直前に出展をキャンセル。その他、NXP Semiconductors、STMicroelectronicsといった欧州メーカー、Analog Devices(ADI)、Cypress Semiconductor、ON Semiconductor、Texas Instruments(TI)、Xilinxなどの米国企業、東芝、ルネサス エレクトロニクス、ソシオネクストといった日本企業も出展を中止した。

例年、大手の半導体メーカーのブースが並ぶ、ニュルンベルク・メッセの「4A」ホールや「3A」ホール。がらがらでした……(クリックで拡大)
出展をキャンセルした企業のブースの“跡地”は、すてき(?)な休憩スペースとして活用されることに……(クリックで拡大)
割と思い思いにくつろぐ皆さん(クリックで拡大)
左=本当に“直前”(1日前か2日前?)にキャンセルした企業もあったのだろう。ブースまで出来上がっていたが何もない、というスペースもちらほら見受けられた/右=会場のあちこちに、このような消毒用スタンドが(クリックで拡大)

 NürnbergMesseのCEOであるRoland Fleck氏は、「これほど複雑で世界的な懸念の元に展示会が開かれたことはない。残念なことに相当数の企業が出展を中止したが、そのような状況においてもなお、embedded worldが多くの出展社、来場者にとって魅力的なものとなっていることは確信している」とコメントした。

 2019年に開催された「embedded world 2019」の実績は、来場者数が約3万1000人、出展社数が1117社だった。NürnbergMesseのプレスリリースによれば、今回の出展社数は約900社になるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.