メディア
5G 人からモノへ 〜「未踏の時代」迎えた無線技術 特集
ニュース
» 2020年03月03日 13時30分 公開

次世代無線ユニットも共同開発へ:MarvellとADI、5G無線ソリューションで提携

Marvell(マーベル)とAnalog Devices(アナログ・デバイセズ/ADI)は、第5世代移動通信(5G)基地局向け無線ソリューションに関して技術提携した。次世代の無線ユニット(RU)ソリューションについても共同開発する予定である。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ベースバンド/デジタルASICとRFトランシーバー技術を統合

 Marvell(マーベル)とAnalog Devices(アナログ・デバイセズ/ADI)は2020年3月、第5世代移動通信(5G)基地局向け無線ソリューションに関して技術提携すると発表した。Marvellのベースバンド/デジタルASIC/トランスポートプロセッサとAnalog Devicesの広帯域RFトランシーバー技術を統合する。次世代の無線ユニット(RU)ソリューションについても共同開発する予定である。

 5G向けRUの開発は、「Massive MIMO」と呼ばれるアンテナ技術や、高速大容量通信を可能にするミリ波帯の活用などによって、一段と複雑さを増す。両社の技術提携により、RFトランシーバーを含む完全な統合型5GデジタルフロントエンドASICソリューションを提供することが可能になるという。

 Analog Devicesの社長兼CEOを務めるVincent Roche氏は、「Analog DevicesとMarvellが共同開発するソリューションを用いれば、刻々と変化する市場に対し、高度に最適化された高性能な製品の提供を、迅速に行うことができる」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.