メディア
ニュース
» 2020年03月23日 09時30分 公開

5年間で総額5000万米ドル相当:オンセミ、GTATとSiC素材の供給契約で合意

GT Advanced Technologies(GTAT)は、5年間で総額5000万米ドル相当のSiC(炭化ケイ素)素材を供給する契約をOn Semiconductorと結んだ。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

SiCウエハーで世界トップクラスの供給力を維持

 GT Advanced Technologies(GTAT)は2020年3月、On Semiconductor(以下、オンセミ)に対し、5年間で総額5000万米ドル相当のSiC(炭化ケイ素)素材を供給する契約を結んだと発表した。

 GTATは、パワーデバイス用ワイドギャップ半導体として注目されているSiCやサファイア材料を生産している。今回の合意に基づきGTATは、SiC素材「CrystX」を生産し、オンセミに供給する。

 オンセミは、GTATから調達した150mm SiC結晶を用いて、SiCウエハーを製造する。オンセミは、ウエハーの量産で40年の経験を持つ。SiCウエハーについてもGTATと連携しながら世界トップクラスの供給力を維持していくという。

 SiCパワー半導体は、電気自動車やハイブリッド車、太陽光発電/蓄電などの用途で需要が拡大している。オンセミでグローバルサプライチェーン担当のシニアバイスプレジデントを務めるBrent Wilson氏は、「GTATと提携し、SiCワイドバンドギャップ半導体材料技術をさらに発展させ、市場が急拡大するこの分野でリーダーシップを強化していく」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.