メディア
連載
» 2020年03月26日 11時30分 公開

福田昭のデバイス通信(235) 2019年度版実装技術ロードマップ(45):多種多様なセンサーが次世代社会「Society 5.0」を支える (2/2)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

センサーの市場規模は数量、金額ともに増加傾向

 センサーの市場規模は数量、金額ともに増加傾向にある。JEITAの調査では、2017年の市場規模が出荷数量で286億個、出荷金額で1兆9928億円となった。4年前の2013年に比べると数量は25%増、金額は77%増である。

 種類別にみると数量ベースと金額ベースでは、比率がかなり違う。数量ベースで最も多いのは温度センサーで、約46%を占める。次いで位置センサーが18%、光度センサーが16%、慣性力センサー(加速度センサーなど)が5%となっている。金額ベースで最も多いのは光度センサーで、全体の半分強を占める。

センサーの市場規模。左が種類別の出荷数量、右が種類別の出荷金額。出典:JEITA(クリックで拡大)

(次回に続く)

⇒「福田昭のデバイス通信」連載バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.