メディア
ニュース
» 2020年04月03日 13時30分 公開

SEMIが材料市場統計を発表:世界半導体材料販売額、2019年は前年比1.1%減少

SEMIによると、2019年の世界半導体材料販売額は521億4000万米ドルで、前年に比べ1.1%減少した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

地域別で台湾が10年連続首位、中国は唯一プラス成長

 SEMIは2020年3月31日(米国時間)、世界半導体材料統計を発表した。2019年の世界半導体材料販売額は521億4000万米ドルで、前年に比べ1.1%減少した。

 この統計は、SEMIの材料市場統計レポート(MMDS)によるもので、直近の出荷金額や過去7年の推移、今後2年の予測といったデータを四半期ごとに提供している。レポートは、北米や欧州、日本、台湾、韓国、中国など世界市場を7地域に分け、カテゴリー別に半導体材料の出荷額をまとめている。

 2019年の半導体材料販売額を地域別に見た。台湾は113億4000万米ドルとなり、10年連続で首位をキープしている。ファウンドリーとアドバンストパッケージの拠点として、世界の21%あまりを消費するものの、2018年に比べると2.4%の減少となった。

 これに続くのが韓国(88億3000万米ドル)や中国(86億9000万米ドル)である。中でも中国は、2018年に比べて1.9%増加するなど、7地域の中で唯一プラス成長となった。

地域別の半導体材料市場(2018〜2019年)、金額は10億米ドル。数字を丸めており合計値が合わない場合がある 出典:SEMI

 2019年における半導体材料のカテゴリー別販売額は、ウエハープロセス材料が328億米ドルで、2018年に比べ0.4%減少した。プロセスケミカル、スパッタリングターゲット、CMPは前年に比べ2%以上の減少である。パッケージング材料は192億米ドルで前年比2.3%減となった。前年より増加したカテゴリーは、サブストレートとその他パッケージ材料の2分野にとどまった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.