メディア
5G 人からモノへ 〜「未踏の時代」迎えた無線技術 特集
ニュース
» 2020年04月03日 09時30分 公開

28GHz帯でデータ通信を実証:日本特殊陶業、ミリ波5G向けアンテナモジュール

日本特殊陶業は、開発中の5G(第5世代移動通信)ミリ波向けアンテナモジュールを用い、28GHz帯でデータ通信が可能なことを実証した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

AIPとNOCを用いて、伝送特性を低減

 日本特殊陶業は2020年3月、開発中の5G(第5世代移動通信)ミリ波向けアンテナモジュールを用い、28GHz帯でデータ通信が可能なことを実証したと発表した。

ミリ波向けアンテナモジュール。左が基地局向け、右が携帯端末向け 出典:日本特殊陶業

 開発中のアンテナモジュールは、外形寸法が22×29×4mmの基地局向けアンテナモジュールと、11.5×20.5×1.5mmの携帯端末向けアンテナモジュールである。多層基板技術を用いて、RF回路とアンテナを一体化(AIP:Antenna in Package)した。

 また、基板材料には自社開発の低損失LTCC(低温焼成セラミックス)材「NOC(Non-Crystallized Glass System)」を用いた。高周波特性に優れ、耐環境性や放熱性も備えている。AIPとNOCを用いることで、伝送特性を低減することができたという。

アンテナモジュールの特長。上が基地局向け、下が携帯端末向け 出典:日本特殊陶業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.