メディア
ニュース
» 2020年04月14日 10時30分 公開

キャッツから事業譲受:ネクスティが新会社を設立、ODM事業を強化

豊田通商グループのネクスティ エレクトロニクスは、キャッツからODM事業を譲り受け、新会社「ネクスティエンジニアリングサービス」を設立した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

モノづくり全般に関するサービスを提供

 豊田通商グループのネクスティ エレクトロニクスは2020年4月、キャッツからODM事業を譲り受け、新会社「ネクスティエンジニアリングサービス」を設立したと発表した。AI(人工知能)の活用など、高度化する車載システムの設計機能とODM事業を強化するのが狙い。

 自動車産業は、CASE(コネクテッド、自動化、シェアリング、電動化)の領域を中心に技術革新が著しい。例えば、ADAS(先進運転支援システム)はAIの活用などによって、その機能はさらに進化している。一方で、OEMやTier1メーカーにおいては、専門知識を有する技術者の不足などが大きな課題となっている。このため、設計や開発業務を外部企業へ委託する案件が増加しているという。

 こうした状況を背景にネクスティ エレクトロニクスは、資本提携先のキャッツからODM事業を譲り受け、モノづくり全般に関して、企画から製造まで一貫したサービスを提供する新会社を設立した。新会社は、ODM受託業務からハードウェアやソフトウェアの設計、生産受託などを行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.