メディア
ニュース
» 2020年04月17日 09時30分 公開

Q2以降の予測は見合わせ:ASMLが20年Q1の業績発表、売上高減少も受注は堅調

ASMLは2020年4月15日、同年第1四半期(1〜3月期)の業績を発表した。それによると、同四半期の売上高は24億4100万ユーロで、前四半期の40億3600万ユーロから約40%の減少となった。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ASMLは2020年4月15日、同年第1四半期(1〜3月期)の業績を発表した。それによると、同四半期の売上高は24億4100万ユーロで、前四半期の40億3600万ユーロから約40%の減少となった。純利益は3.9億ユーロ、粗利益率は45.1%だった。また、受注額は31億ユーロで、このうち15億ユーロはEUV(極端紫外線)リソグラフィシステム11台分の受注額となっている。

2020年第1四半期と前四半期の比較 出典:ASML(クリックで拡大)

 ASMLの社長兼CEOを務めるPeter Wennink氏はプレスリリースで、今回の業績は、顧客先でのフィールドアップグレードの遅延などの理由から、予想範囲の下値近くにとどまったとコメント。新型コロナウイルス(COVID-19)による売上高への影響は、2020年第2四半期以降となる見込みだと述べた。

 同氏は「現時点で需要の見通しに変化はなく、2020年において先送りやキャンセルは出ていない」と述べ、ASMLは今までのところ操業を維持できており、受注も堅調だとした。一方で、新型コロナウイルスによるリスクや製造業への影響が不透明なことから、2020年第2四半期および通期における業績予想の発表は控えた。

2020年第1四半期と前四半期における、システム別/用途別/地域別の売上高比率 出典:ASML(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.