メディア
ニュース
» 2020年05月12日 09時30分 公開

サブ6GHz帯の2波を束ねたCAを用い:富士通とQualcomm、3Gbps超のデータ通信に成功

富士通とQualcomm Technologiesは、5G(第5世代移動通信)通信帯域によるキャリアアグリゲーション(CA)を用いて、ピーク通信速度3Gビット/秒(bps)を超えるデータ通信に成功した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

高度で快適なネットワーク環境を実現

 富士通とQualcomm Technologiesは2020年5月、5G(第5世代移動通信)通信帯域によるキャリアアグリゲーション(CA)を用いて、ピーク通信速度3Gビット/秒(bps)を超えるデータ通信に成功したと発表した。

 今回は、富士通製の5G基地局とQualcomm製5G対応チップセット「Qualcomm Snapdragon X55 5G Modem-RF System」搭載の試験用スマートフォン間で、実験を行った。具体的には、LTE設備との連係により5G通信を行う非スタンドアロン(NSA)構成で、3.5GHz帯(n78)と4.9GHz帯(n79)の電波を束ねたキャリアアグリゲーション(4×4MIMO、256QAM、TDD)により、高速データ通信が可能なことを実証した。

 通信事業者は、キャリアアグリゲーションを活用することで、高度で快適なネットワーク環境を実現でき、スムーズな動画ストリーミングやより高速なファイルダウンロード、バーチャルリアリティー(VR)技術を用いたサービスなどをユーザーに提供することが可能となる。

 富士通とQualcomm Technologiesはこれまで、3GPP標準化仕様のリリース15に準拠した商用5G基地局と試験用スマートフォン間で、3.7GHz帯と28GHz帯を用いた接続検証とデータ通信試験などにも成功している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.