メディア
ニュース
» 2020年05月18日 10時30分 公開

専門家のノウハウをAIで学習:NEC、自営通信網向け学習型通信分析技術を開発

NECは、ネットワークの専門家がいなくても、「ローカル5G」などの自営無線網を常時高品質で利用することができる「学習型の通信分析技術」を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

階層的に通信を分析、状況の変化にも自動で追従

 NECは2020年5月、ネットワークの専門家がいなくても、「ローカル5G」などの自営無線網を常時高品質で利用することができる「学習型の通信分析技術」を開発したと発表した。

 通信キャリアが運用する公衆無線網では、通信品質の劣化が生じるとネットワークの専門家が通信状態を分析し、速やかに対応することで問題を回避している。ところが、ローカル5Gなどを導入するユーザーでは、最適運用を行うために必要な専門家を十分に確保することが難しいという。

 今回開発した技術は、ネットワーク専門家の分析ノウハウをAIで学習する。これにより、通信混雑や競合によって生じる品質劣化を回避するための運用をリアルタイムに行い、ローカル5Gを高い性能で安定的に利用することが可能になるという。

目指すローカル5Gの世界 出典:NEC

 具体的には、まず現在の通信トラフィックから無線通信の状態を識別する。続いて、アプリケーションの種別を識別するという階層的なクラスタリング手法によって、人手を介せずリアルタイムかつ高精度な推定を実現した。

 開発した手法は教師なし学習をベースとしており、過去と最新モデルの類似度に基づいてモデルパラメータを自動で更新する。このため、利用状況の変化などにも自動で追従できるという。

学習型通信分析技術の概要 (クリックで拡大) 出典:NEC

 NECは、開発した技術をローカル5Gだけでなく、幅広いネットワークの最適運用に展開していく計画である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.