メディア
ニュース
» 2020年05月19日 10時30分 公開

FA製品との通信伝送性能を検証:三菱電機、名古屋製作所でローカル5Gの実証実験

三菱電機は、ローカル5G(第5世代移動通信)システムと自社のFA製品を用いた実証実験を名古屋製作所(愛知県名古屋市)内で始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

AR/VRを活用した作業の効率化なども検討

 三菱電機は2020年5月18日、ローカル5G(第5世代移動通信)システムと自社のFA製品を用いた実証実験を名古屋製作所(愛知県名古屋市)内で始めたと発表した。

 同社は、通信システムに関するこれまでの研究成果や5G関連の基礎技術を活用し、ローカル5Gシステムと自社製品を組み合わせたソリューションの開発に取り組んでいる。今回、総務省から5Gシステムの実験試験局免許を取得できたため、ローカル5Gの実証実験を始めることにした。

 実証実験で用いる周波数帯は、28.2G〜28.3GHz。ローカル5G基地局を介して、シーケンサーやエッジコンピュータなどFA製品同士を5G通信によって接続、5G通信の性能などについて技術的な検証を行う予定である。また、遠隔での運用保守作業支援やAR/VRを活用した作業効率化など、ローカル5Gを活用した事例の検討も予定している。

実証実験に用いる5GアンテナユニットやFA製品群 出典:三菱電機

 三菱電機は今後、名古屋製作所以外での実証実験も順次行うとともに、各事業所や研究所において、ローカル5G環境の整備に取り組む。また、2020年度中には情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)内に「5Gオープンイノベーションラボ」を設置し、顧客やパートナー企業との共同研究や実証実験を行う。これによって、新たなビジネスやサービスを創出していく考えである。

5G技術を利活用した三菱電機の取り組み 出典:三菱電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.