メディア
ニュース
» 2020年05月21日 09時30分 公開

10月からは月産100万個体制:負荷容量で一切発振しない高速オペアンプ、ローム (2/2)

[永山準,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

高いノイズ耐量を両立、設計工数削減に貢献

 BD77501Gは、同社の独自技術によって高いノイズ耐量を実現する「EMARMOUR」オペアンプシリーズの新製品であり、電波放射試験において、全ノイズ周波数帯域で出力変動が±20mV以下(一般品比10分の1)を実現している。

 高ノイズ耐量の実現については、新たに開発したノイズ対策回路によるノイズ耐性向上のほか、回路内ノイズのラインに対してシールドを張り巡らす、または配線間の干渉を見直すなど低ノイズを追求したレイアウト、最適な寄生容量が得られるプロセス/素子サイズの選定などを行ったとしている。また、ノイズ対策用部品(CRフィルター)の削減も可能となり、1チャンネルオペアンプの場合であれば10点の削減できるという。

EMARMOURの特長について。一般的なオペアンプの場合、ノイズ評価でNGとなると、もう一度レイアウト設計などからやり直しとなり、設計が長期化してしまう可能性があるが、「今回の製品を使用することで、セット設計工数やコストが削減できる」という。(クリックで拡大)出典:ローム

 BD77501Gは1チャンネルオペアンプで、動作温度範囲は-40℃〜+85℃。電源電圧は7.0〜15V、入力オフセット電圧は±4mV、同相入力電圧範囲はVSS〜VDD−2.0V。パッケージはSSOP5(サイズ=2.9x2.8x1.25mm)で提供する。

 同社はNano Cap技術搭載EMARMOURオペアンプシリーズについて、2020年秋には2チャンネル製品、2020年度中には4チャンネル製品のラインアップ化を目指すとともに、車載向けにも展開していく予定という。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.