メディア
ニュース
» 2020年05月25日 14時05分 公開

幕張メッセでの開催は中止:CEATEC 2020、オンライン開催に変更

CEATEC実施協議会は2020年5月25日、2020年10月20〜23日に開催予定の「CEATEC 2020」について、幕張メッセ(千葉市美浜区)での通常開催を中止し、オンライン開催とすることを決定した、と発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止のためで、「来場者、出展者ならびにCEATECに関わる全ての皆さまの安全を最優先に考慮した結果」としている。詳細は2020年6月以降に順次発表する予定としている。

[永山準,EE Times Japan]

 CEATEC実施協議会は2020年5月25日、2020年10月20〜23日に開催予定の「CEATEC 2020」について、幕張メッセ(千葉市美浜区)での通常開催を中止し、オンライン開催とすることを決定した、と発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止のためで、「来場者、出展者ならびにCEATECに関わる全ての皆さまの安全を最優先に考慮した結果」としている。詳細は2020年6月以降に順次発表する予定としている。

HPで、CEATEC 2020の幕張メッセでの通常開催中止およびオンライン開催への変更を伝えている 画像:CEATECのHPから

 オンライン開催では、名称を「CEATEC 2020 ONLINE(シーテック 2020 オンライン)」に変更。スローガンは、「CEATEC-Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」とする。会期は2020年10月20〜23日と変更なく、会期以降もオンデマンドで展開する予定という。

 同協議会は、CEATEC 2020 ONLINEについて、「これまで幕張メッセで20年間、毎年開催してきた総合展示会としてのCEATECとは別の新たな取り組みと位置付け、新たな社会や暮らし(New Normal:ニューノーマル)を考え、共に歩み、共創を実現するための企画をオンラインならではの特長を生かして展開する予定だ」と説明している。

 同協議会エグゼクティブプロデューサーの鹿野清氏は、「CEATEC 2020の通常開催を見送ることは大変残念な思いだ。一方で、『テクノロジーで社会や暮らしを豊かにする』ことを使命とするCEATECは、新たな社会、暮らし(ニューノーマル)において、より一層重要な役割を担うことになると確信している。オンラインでの開催は、ニューノーマルを考え共創していくための場と位置付け、2030年の社会を動かす人たち(=Society 5.0時代を担う人たち)のための、これまでにはない場を作り上げたいと考えている」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.