メディア
ニュース
» 2020年05月28日 11時30分 公開

CPUのカスタマイズプログラムも発表:Armの新IP、効率を20%向上した「Cortex-A78」など (1/2)

Armは2020年5月27日、オンラインで記者説明会を開催。次世代モバイルデバイス向けの新CPU IP「Cortex-A78」やGPU IP「Mali-G78」、NPU IP「Ethos-N78」および、Arm Cortex CPUのカスタマイズに対応する新プログラムを発表した。

[永山準,EE Times Japan]

 Armは2020年5月27日、オンラインで記者説明会を開催。次世代モバイルデバイス向けの新CPU IP「Cortex-A78」やGPU IP「Mali-G78」、NPU IP「Ethos-N78」および、Arm Cortex CPUのカスタマイズに対応する新プログラムを発表した。

次世代モバイルデバイス向けの新CPU IP(Intellectual Property)「Cortex-A78」と、GPU IP「Mali-G78」、NPU(Neural Processing Unit) IP「Ethos-N78」 出典:Arm

20%の効率向上、15%のエリアサイズ削減を実現する「Cortex-A78」

 「Cortex-A78」は歴代Cortex-Aファミリーの中で最高の効率を実現。前世代のCortex-77と同じ消費電力(1コアあたり1W)の設定で比較した場合、約20%の性能向上を実現するという。逆に、同レベルのパフォーマンスを出す場合であれば、消費電力の低減が可能となる。

新CPU IP「Cortex-A78」について 出典:Arm

 また、それぞれ4つのCortex-A77とCortex-A55で構成したDynamIQを、それぞれ4つのCortex-78とCortex-A55で構成したDynamIQと比較した場合、ダイエリアは15%小さくなり、面積あたりの性能も向上した。同社は、「ハイエンド向けに性能上げることはもちろん、性能を抑えてローパワーを目指すことも可能となり、さまざまな用途で利用できるコアに仕上がっている」としている。

「Cortex-A78」の効率性と性能向上について 出典:Arm

 同社は今回、顧客の要求に合わせたArm Cortex CPUのカスタマイズと差別化を可能にする「Arm Cortex-X Custom」プログラムを新たに開始したことも発表した。スマートフォン市場などで高まる、高性能に特化したコアに対する要望に対応したもの。同社は、顧客が求める機能に特化した場合の性能を実現するため、アーキテクチャレベルの段階でカスタマイズを行い、カスタムCPUを提供する。

 このプログラムを採用した最初のCPU IP「Cortex-X1」は、Cortex-A77と比較してピーク性能が30%向上しており、「ハイエンドスマホや大画面デバイス向けの、これまで以上に競争力の高いソリューションが実現する」としている。同プログラムで提供するCPU IPは「Cortex」のブランドを持ち、既存CPUと共存する形でDynamIQを構築することも可能となっている。

「Cortex-X1」について 出典:Arm
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.