メディア
ニュース
» 2020年06月01日 11時00分 公開

IC Insights:2019年のアナログIC売上高、上位9社が前年比減に

IC Insightsは2020年5月28日(米国時間)、2019年のアナログIC売上高ランキングを発表した。それによると、2019年のアナログICの世界市場は552億米ドルで、そのうち上位10社が62%(342億米ドル)を占めるという。10社のうち9社は、アナログIC売上高が2018年に比べるとマイナスになっている。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 IC Insightsは2020年5月28日、2019年のアナログIC売上高ランキングを発表した。それによると、2019年のアナログICの世界市場は552億米ドルで、そのうち上位10社が62%(342億米ドル)を占めるという。10社のうち9社は、アナログIC売上高が2018年に比べるとマイナスになっている。

 首位はTexas Instruments(TI)で、2019年のアナログIC売上高は102億2300万米ドル。シェアは19%だった。IC Insightsはプレスリリースで、「2019年におけるTIの売上高は、2018年に比べて約6億米ドル減少したが、それでも10位のルネサス エレクトロニクス(アナログICの売上高:8億6000万米ドル)の10倍以上という結果になった。TIのアナログIC売上高は、同社の全売上高128億米ドルの80%を占めている」と説明している。TIのアナログIC売上高比率をアプリケーション別で見ると、産業機器が全体の36%、スマートフォンを含む民生機器が23%、自動車が21%だった。

2019年のアナログIC市場売上高ランキング 出典:IC Insights

 2位はADIで、アナログICの売上高は2018年の55億500万米ドルから6%減となる51億6900万米ドル。シェアは10%だった。アプリケーション別では産業機器が全体の50%、通信が21%、自動車が16%で民生機器が13%となっている。

 STMicroelectronics(STM)は、2018年から1つ順位を上げて4位となった。同社は、アナログIC分野ではモーター制御、オートメーション、エネルギー管理などに注力している。

 STMと入れ替わりで順位を1つ下げ、5位となったのはSkyworks Solutionsだ。同社のパワーアンプモジュールは「iPhone 11 Pro」などに採用されている。同社のアナログIC売上高は、2018年の36億8600万米ドルから13%減となる32億500万米ドルあった。IC Insightsは、減少要因について「一部は米中貿易摩擦によるもの」だと分析している。「Skyworksにとって、中国は2番目に大きな市場だ。スマートフォンを含む機器メーカーなど、同社は中国に多くの顧客を抱えている。2019年のアナログICの売上高は減少したが、Skyworksは5G(第5世代移動通信)スマートフォンやワイヤレスインフラ、ワイヤレスヘッドセットなどのアプリケーションに向けて、新しいアナログICの開発とポートフォリオの拡充を急いでいる」(IC Insight)

 7位のMaxim Integrated Products、8位のON Semiconductorも、Skyworks同様にアナログIC売上高が13%減少する結果となった。

 上位10社のうち唯一、2018年比でアナログIC売上高が増加したのがMicrochip Technologyだ。売上高は15億3200万米ドルで、2018年に比べて10%増となっている。同社は2018年5月にMicrosemiの買収を完了したが、これがアナログICの売上高増につながったとIC Insightsは述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.