メディア
ニュース
» 2020年06月05日 10時30分 公開

SEMIが販売額を発表:半導体製造装置、2020年Q1は前年同期比13%増

SEMIによると、2020年第1四半期(1〜3月)における半導体製造装置(新品)の世界総販売額は155億7000万米ドルとなった。前期(2019年第4四半期)に比べ13%減少したが、前年同期(2019年第1四半期)比では逆に13%の増加となった。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

韓国は前期比で46%増と急回復

 SEMIは2020年6月2日(米国時間)、2020年第1四半期(1〜3月)における半導体製造装置(新品)の世界総販売額が155億7000万米ドルになったと発表した。前期(2019年第4四半期)に比べて13%の減少となるが、前年同期(2019年第1四半期)比では13%の増加である。

 SEMIは日本半導体製造装置協会(SEAJ)と共同で、合計80社を超える会員企業から提出されたデータを集計し、統計レポート「世界半導体製造装置市場統計(WWSEMS)」を発行している。

 同レポートによると、地域別の四半期装置販売額では、台湾が40億2000万米ドルとなり販売規模では最も大きいが、前期に比べ35%減と大きく落ち込んだ。中国は35億米ドルで前期比18%の減少となったが、前年同期比では48%増と大きく伸ばした。

半導体製造装置(新品)の地域別四半期販売額(単位は10億米ドル) 出典:SEMI、SEAJ

 前期に比べ減少する地域が多い中で、韓国は33億6000万米ドルで、46%増と急回復した。販売規模こそ小さいが欧州も36%増加し6億4000万米ドルとなった。日本は16億8000万米ドルで、前期比横ばいである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.