メディア
ニュース
» 2020年06月10日 12時30分 公開

既に商談も開始:TSMCが4nmプロセスの存在を明らかに

TSMCは2020年6月9日(台湾時間)、これまで発表されたことがなかった4nmプロセスについて言及した。同社のロードマップに既に存在する、5nmと3nmの間のプロセスである。

[Alan Patterson,EE Times]

 TSMCは2020年6月9日(台湾時間)、これまで発表されたことがなかった4nmプロセスについて言及した。同社のロードマップに既に存在する、5nmと3nmの間のプロセスである。

 TSMCのチェアマンを務めるMark Liu氏は、台湾・新竹で開催されたプレスイベントで、米国EE Timesに「『N4』(4nmプロセス)は『N5』(5nmプロセス)からの進化である。N4に関して、既に顧客と商談中だ」と語った。

 TSMCは、サブ7nmプロセスで唯一のライバルであるSamsung Electronicsに対して、ギャップを埋めつつある。

 一部の報道によると、Samsungは3nmプロセスでの生産を2022年にも開始するという。Samsungはソウルの南に位置する平沢市に5nmプロセス工場を建設するために1160億米ドルを投資しており、TSMCからシェアを奪おうとしている。

 TSMCは既に生産を開始しているN5に続き、「N5P」、N4という3つのノードを1セットにして生産能力を高める予定である。TSMCは、N5Pを2022年に、N4を2023年に投入する計画であるとLiu氏は述べている。

TSMCのチェアマンであるMark Liu氏。2020年6月9日(台湾時間)に行われたプレスカンファレンスにて、EE Timesが撮影

 今回のニュースは、TSMCが公式なプレスリリースを発表する前のリーク情報だったため、TSMCは、N4プロセスについて上記以外の情報を述べることは避けた。

【翻訳、編集:EE Times Japan】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.