メディア
パワーエレクトロニクス最前線 特集
ニュース
» 2020年06月12日 10時09分 公開

シャープ福山事業所の一部を取得:三菱電機、200億円でパワー半導体新拠点を設置

三菱電機は2020年6月11日、シャープから福山事業所(広島県福山市)の一部を取得し、パワー半導体を製造する新拠点(前工程)を開設する、と発表した。投資額は総額約200億円で、2021年11月の稼働開始を目指す。

[永山準,EE Times Japan]

 三菱電機は2020年6月11日、シャープから福山事業所(広島県福山市)の一部を取得し、パワー半導体を製造する新拠点(前工程)を開設する、と発表した。投資額は総額約200億円で、2021年11月の稼働開始を目指す。

 新製造拠点は、延べ床面積約4万6500m2の3階建て。投資額の約200億円は土地、建屋、既存設備の取得費用および今後の設備投資を含んだ額だ。新拠点では、車載向け、民生向けを中心に製造していく予定としている。

 今回の拠点新設は、低炭素社会の実現に向けた世界的な省エネや環境保護志向の高まり、クルマの電動化加速などを受けて増加するパワー半導体の需要に対応することを目的としている。三菱電機のパワー半導体前工程は福岡市西区、熊本県合志市の「パワーデバイス製作所」を中心に行ってきたが、今回の拠点設置を含め設備投資を継続し、生産能力を2倍に引き上げる方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.