メディア
ニュース
» 2020年06月25日 05時00分 公開

競合比2倍のIO密度を実現する低消費電力汎用FPGA28nm FD-SOIプロセス製品第2弾(2/2 ページ)

[永山準,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

ECDSA認証も「業界最小のフットプリント」で対応

 さらに、AES-256暗号化に加え、 ECDSAによるビットストリーム認証も「業界最小のフットプリント」(同社)でサポートしており、権限のないアクセス、変更、コピーからデバイスのビットストリームを保護。「セルタワーのような重要なインフラストラクチャ―で、不正な変更から確実にシステムを保護できる」としている。

ECDSA認証では、キーペアの生成はユーザーが行い、シークレットキーは常にユーザーが保存。チップ上に保存されることはない。チップ内に保存されるのは、パブリックキーのみで、セキュリティ機能を向上できる (クリックで拡大) 出典:Lattice Semiconductor

 このほか28nm FD-SOIを採用するNexusプラットフォームにより、競合の同等製品と比較し消費電力を最大4分の1に低減できるほか、最大100倍優れたソフトエラーレート(SER)耐性も実現。さらに、SPIメモリからのコンフィギュレーションも最大12倍高速となり、個々のIOは3ミリ秒、チップ全体もデバイスの性能に応じて8〜14ミリ秒で起動できる、としている。

左から消費電力、コンフィギュレーション、ソフトウェアエラーレートについて、同クラスの競合製品との比較 (クリックで拡大) 出典:Lattice Semiconductor

 Certus-NXは、ロジックセルサイズ別に「Certus-NX-17」と「Certus-NX-40」の2種類があり、複数のパッケージオプションを用意している。Certus-NX-40は既に一部サンプル提供中で、Certus-NX-17は2020年度末の提供を予定。また、Certus-NXをサポートした設計ツール「Radiant」や、事前検証済みIPも提供中で、開発ボードも受注開始している。同社は、産業用途を中心に、その高い安全性や高速なコンフィギュレーションから車載用途などもターゲットとしてCertus-NXを展開していく。

Certus-NXの種類(クリックで拡大) 出典:Lattice Semiconductor
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.