メディア
ニュース
» 2020年07月31日 10時30分 公開

SEMIが年央市場予測を発表:半導体製造装置の販売額、2021年に過去最高へ

SEMIは、世界半導体製造装置の年央市場予測を発表した。2021年に半導体製造装置(新品)の世界販売額は、700億米ドルに達し、過去最高額になる見通しだ。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

メモリや先端プロセスおよび、中国市場での投資がけん引

 SEMIは2020年7月20日(米国時間)、世界半導体製造装置の年央市場予測をSEMICON West会場で発表した。2021年に半導体製造装置(新品)の世界販売額は、700億米ドルに達し、過去最高額になる見通しとなった。

 SEMIは、半導体製造装置メーカーからの情報やWorld Fab Forecastデータベース、世界半導体製造装置市場統計(WWSEMS)に基づき、世界半導体製造装置の市場予測をまとめている。

 今回発表した年央市場予測によると、2019年実績の596億米ドルに対し、2020年は6%増加し632億米ドルに達する見通しだ。2021年も高い水準で推移するとみられ、過去最高額となる700億米ドルと予測した。

 分野別にみると、ウエハーファブ装置分野(ウエハープロセス処理装置、ファブ設備、マスク/レチクル製造装置)は、2020年の5%増加し、2021年は13%の成長を見込む。こうした伸びを支えるのが、メモリや先端プロセスに対する投資と、中国市場での投資拡大である。中でも、DRAMとNANDフラッシュメモリへの投資は好調で、2021年にはそれぞれ20%を上回る大幅な伸びを期待している。

地域別市場予測。数字を丸めており合計値が一致しない場合がある (クリックで拡大) 出典:SEMI

 組み立ておよび、パッケージング装置分野は、先端パッケージの生産能力拡大などによって、2020年は10%増の32億米ドルとなり、2021年は8%増の34億米ドルの規模になると予測した。半導体テスト装置分野も、5G(第5世代移動通信)向け製品の需要拡大などが期待でき、2020年に13%増の57億米ドルを見込む。2021年も拡大が続くとみている。

 地域別の市場予測もまとめた。2020年に設備投資をけん引するのは「中国」「台湾」「韓国」である。特に中国は、ファウンドリにおける投資が旺盛で、2020年と2021年は世界最大の装置市場となる見通しだ。台湾は2019年に68%の成長を記録したが、2020年はマイナス伸長となる。2021年は反転し再び10%の成長を遂げると予測した。韓国はメモリ投資の回復などから、2021年は30%の成長を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.