メディア
ニュース
» 2020年08月05日 09時30分 公開

PoCから量産までの期間を短縮:ソシオネクスト、HDMIモジュールを開発

ソシオネクストは、HDMIモジュール「cecTalker」を開発し、サンプル出荷を始めた。自社開発のHDMIコントローラチップを搭載しており、応用機器のコンセプト検証(PoC)から量産までの期間を短縮することができる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

「HDMIモデル」と「V-by-Oneモデル」を用意

 ソシオネクストは2020年8月、HDMIモジュール「cecTalker」を開発し、サンプル出荷を始めた。自社開発のHDMIコントローラチップを搭載しており、応用機器のコンセプト検証(PoC)から量産までの期間を短縮することができる。

 新製品は、HDMIの通信規格である「CEC(Consumer Electronics Control)」機能に対応している。このため、TVやレコーダーなどがHDMIケーブルで接続されていれば、異なるメーカーの機器であっても、電源のオン/オフや予約録画といった操作を、別の機器から互いに行うことができるという。

 cecTalkerはPCの他、「Raspberry Pi」や「Arduino」「SPRESENSE」など、使い慣れたプラットフォームを用いて開発するためのインタフェースを備えている。今回はHDMI入出力端子を搭載した「HDMIモデル」と、V-by-OneとHDMIの変換機能を搭載した「V-by-Oneモデル」を用意した。両モデルとも既にサンプル出荷を始めている。量産と販売は2021年1月より始める予定である。

左が「cecTalker HDMIモデル」、右が「cecTalker V-by-Oneモデル」の外観 出典:ソシオネクスト

 同社では、映像・音響機器やスマート家電を始め、ホームIoT(モノのインターネット)機器、医療機器および、産業機器などを相互接続し、音声や映像をデジタル信号で伝送する用途に提案していく。

cecTalkerの主な仕様 出典:ソシオネクスト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.