メディア
ニュース
» 2020年08月11日 12時00分 公開

製品の製造継続が合意の条件:オン・セミコンダクター、新潟工場の売却を検討

オン・セミコンダクターは、新潟工場(新潟県小千谷市)の売却を検討している。既存顧客への継続的な製品供給などを条件に売却先を探す。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

会津若松の製造拠点で製造ラインを増強

 オン・セミコンダクター(以下、オンセミ)は2020年8月8日(米国時間)、新潟工場(新潟県小千谷市)の売却を検討していると発表した。既存顧客への継続的な製品供給などを条件に売却先を探す。

 オンセミは、製造拠点を最適化し、市場競争力のあるパワー半導体やアナログIC、センサー製品を供給していくため、経営資源の見直しなどを進めている。新潟工場の売却もその一環で、相互に有益となる戦略的な売却先の調査を始めたという。

 新潟工場は、2011年に三洋半導体の買収によって獲得した製造拠点である。その後は製造能力を拡張し、2014年よりオンセミ製品など旧三洋半導体グループ以外の半導体製品についても生産を始めた。

 新潟工場は、敷地面積が約16万m2で、床面積約10万2000m2の建屋があり、約2万m2のクリーンルームを備えている。しかも、自動車産業の国際的な品質マネジメントシステム規格である「IATF 16949」に適合した施設である。オンセミは現在、8インチウエハーを用いて、BCD、BiCMOS、CMOSプロセスによるICや、個別半導体を製造している。

 オンセミは最近、「オン・セミコンダクター会津」(福島県会津若松市)で、8インチウエハーによる製造ラインを増強した。この製造拠点は、もともと富士通セミコンダクターの製造子会社であったが、オンセミが出資比率を高めて子会社とした。引き続き、これらの拠点を核として、日本市場での存在感を高めていく方針である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.