メディア
特集
» 2020年08月28日 08時00分 公開

障壁は大きい:NVIDIAによるArm買収、実現すれば「業界の大惨事」 (1/2)

NVIDIAがArmの買収に向けて交渉しているという報道が、エレクトロニクス業界を駆け巡った。破竹の勢いで成長するNVIDIAといえど、Armを取り込むことは難しいのではないだろうか。この報道を、アナリストとともに考察する。

[Junko Yoshida,EE Times]
電子版画像クリックでダウンロードページへ

 この記事は、2020年8月17日発行の「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版8月号」に掲載している記事を転載したものです。

※記事を最後まで読むには、EE Times Japan読者登録(無料)が必要です。


 NVIDIAがソフトバンクからArmを買収しようとしている話は、単なる臆測を超えているように見える。2つのニュースソースによると、NVIDIAは当初、現金と株式による取引によって320億米ドル以上でArmを買収するという提案をソフトバンクに持ちかけていたという。

 BloombergFinancial Timesは、独自にこの買収提案の裏を取ったようだ。

 交渉いかんによっては、売却に至るという保証はなくとも“可能性”が出てきたことで、エレクトロニクス業界の観測筋が米国EE Timesに連絡し、この取引がどれほど意味を成さないものであるかを教えてくれた。

 簡単に言えば、NVIDIAとArmの取引は、非常に厳しいということである。だが、さらに難しいのは、このM&Aにおける“ポジティブなシナリオ”を考えることである。「相乗効果」や「Win-Win」といった言葉は忘れてほしい。

 合併は、大失敗に終わるだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.