メディア
ニュース
» 2020年09月16日 09時30分 公開

新開発フェライト材料で実現:車載向けMF、HF帯域用ノイズサプレッションフィルター

TDKは2020年9月15日、MFおよびHF帯域で高インピーダンスを実現するAEC-Q200準拠の車載向け積層ノイズサプレッションフィルター「MHF1608シリーズ」を発表した。MFおよびHF帯域で「業界最高水準の高インピーダンス特性を実現する」(同社)ノイズ対策部品として、車載の電池管理システム(BMS)用途などをターゲットに展開していく。2020年9月から量産を開始し、当初は月500万個の生産を予定。サンプル価格は1個あたり30円だ。

[永山準,EE Times Japan]
車載向け積層ノイズサプレッションフィルター「MHF1608シリーズ」 出典:TDK

 TDKは2020年9月15日、MFおよびHF帯域で高インピーダンスを実現するAEC-Q200準拠の車載向け積層ノイズサプレッションフィルター「MHF1608シリーズ」を発表した。MFおよびHF帯域で「業界最高水準の高インピーダンス特性を実現する」(同社)ノイズ対策部品として、車載の電池管理システム(BMS)用途などをターゲットに展開していく。2020年9月から量産を開始し、当初は月500万個の生産を予定という。サンプル価格は1個あたり30円だ。

10MHzでのインピーダンス保証を実現

 MHF1608シリーズのメインターゲットはHEV/EVなどのBMSで、具体的には電池モニターICと各リチウムイオンバッテリーセルをつなぐラインのノイズ抑制用途に向けている。従来、これらの用途では、一般的に数十メガ〜数ギガヘルツの高い周波数帯域に適応したチップビーズが用いられてきた。しかし、世代の更新および車載ECUの増加などの環境の変化から近年、10MHz近辺の低周波ノイズが増えており、その対策のニーズが高まっているという。同社は、顧客からのこうしたニーズに応える製品として、MHF1608シリーズを開発したという。

MHF1608シリーズの用途について 出典:TDK

 MHF1608シリーズでは、今回新たに開発した高損失、高透磁率のフェライト材を用いることによって、MF、HF帯において「業界最高水準」とする高インピーダンス特性を実現。インピーダンスは10M〜30MHzの帯域でピークとなるようになっており、同社の説明担当者は「従来100MHzでのインピーダンス保証が一般的だが、今回の新製品は10MHzでの保証が可能になった」としている。

MHF1608シリーズの特長について。4製品をラインアップしている。右下図は従来のチップビーズ(赤線)との比較。青線がMHF1608シリーズの特性で、10M〜30MHzあたりでピークインピーダンスとなっている 出典:TDK

 具体的には、10MHz時に600〜3500Ω(基準値)のインピーダンスを実現する4製品をラインアップ。500K〜100MHzという従来のノイズ対策部品ではカバーできなかった領域に対応する初めての製品となるという。同社説明担当者は、「この特性によって従来チップビーズを複数個使用するなどして対応していた低周波ノイズを、1個で対応することが可能になった」としている。

ノイズ対策効果について。上のグラフは青線がMHF1608シリーズで赤線が従来のチップビーズ、灰色の線はノイズ対策なし。MHF1608シリーズが100MHz以下で高いノイズ対策を発揮していることが分かる。100MHz以上は従来品が対応するという形ですみ分ける 出典:TDK

 MHF1608シリーズ4製品の詳細は下記の通りだ。

製品名 インピーダンス(Ω)@1MHz(基準値) インピーダンス(Ω)@10MHz(基準値) インピーダンス(Ω)@100MHz(基準値) 直流抵抗(Ω)(最大値) 定格電流(mA)(最大値)
MHF1608BAC352ATD25 380 3500 1600 1.8 170
MHF1608BAC252ATD25 280 2500 1800 1.6 200
MHF1608BAC182ATD25 220 1800 1800 1.4 250
MHF1608BAC601ATD25 80 600 1200 0.6 350

 いずれもサイズは1.6×0.8×0.8mmで、使用温度範囲は−55〜+125℃となっている。同社は今後さらに高い定格電流の製品などのラインアップを拡充し、電源ラインなどでの用途を拡大していく方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.