メディア
ニュース
» 2020年09月25日 13時30分 公開

矢野経済研究所が調査:レーザー照明市場、2027年に1兆1100億円台へ

照明用途の半導体レーザー世界市場は、2020年見込みの5534億円に対し、2027年は1兆1104億円規模に達する見通しである。矢野経済研究所が予測した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

今後、車載用ヘッドライトなどで採用が本格化

 矢野経済研究所は2020年9月、照明用途の半導体レーザーについて世界市場を調査し、その結果を発表した。2020年見込みの5534億円に対し、2027年は1兆1104億円規模に達すると予測した。

 今回の調査は、照明用途に用いられる端面発光あるいは面発光の可視光半導体レーザー(LD、VCSEL)製品を対象とした。レーザーポインターや墨出し器、車載ヘッドライト、プロジェクター、照明器具などに用いられている。調査は2020年5〜8月に行った。

 レーザー照明の世界市場規模(メーカー出荷ベース)は、引き続き堅調に推移する見通しである。数量ベースでも、2020年の1029万ユニットに対し、2027年には2801万ユニットの出荷量を予測する。

レーザー照明の世界市場規模推移と予測 (クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所

 用途としては、レーザーポインターや墨出し器、プロジェクターなどで、半導体レーザーの搭載率がさらに向上するという。ライトアップ用の投光器でも小型化や狭角配向が可能になるため、キセノンランプからの置換が進むとみている。

 将来展望として、車載用ヘッドライトやヘッドアップディスプレイ(HUD)、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、家庭用・業務用照明器具といった用途での需要拡大に期待している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.