メディア
ニュース
» 2020年09月30日 10時30分 公開

コックピットの一部を透明化:京セラ、未来のクルマ「Moeye(モアイ)」を開発

京セラは2020年9月29日、光学迷彩技術などを活用した未来のクルマ「Moeye(モアイ)」を開発した。京セラが考えるコンセプトカーの第2弾で、独自デザインの車両を用い、新たなコックピットのイメージなどを提案する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

安全性とエンターテインメント性を両立

 京セラは2020年9月29日、光学迷彩技術などを活用した未来のクルマ「Moeye(モアイ)」を開発したと発表した。京セラが考えるコンセプトカーの第2弾で、独自デザインの車両を用い、新たなコックピットのイメージなどを提案する。

 自動車業界は、自動化や電動化など、「CASE」と呼ばれるメガトレンドに向けて、次世代自動車の開発を加速している。こうした中で京セラは、東京大学先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授や、デザインスタジオ「Fortmarei」の協力を得て、自社デバイスを活用した未来のクルマにおける車室内空間の新たな価値を提案した。

Moeye(モアイ)の外観 出典:京セラ

 実装したのは、新たな「視覚」「触覚」「聴覚」および、「嗅覚」を体感できる技術である。中でも特徴的なのは、稲見教授らと共同で開発した、コックピットの一部を透明化して運転者の視野を広げる技術である。

 今回はカメレオン型と呼ばれる光学迷彩技術を応用した。前方風景などを撮影した映像を信号処理し、運転者の後方に設けたプロジェクターで、1200mm幅のダッシュボード上に映像を投影する。ダッシュボードには、入射と同じ角度で光が戻る特殊な反射板が内蔵されており、そのまま映像が表示される仕組みだ。現状では、映像信号を処理して表示するまでのタイムラグは0.15秒だという。

 車両左右の映像なども同様に、ドア部へ映し出すことが可能で、運転者は一見して透明のクルマに乗車しているかのように感じるという。このため、危険回避だけでなく、これまでは見ることができなかった周囲の風景を走行中に楽しむこともできる。

左は光学迷彩技術を応用した表示例、右は実際のダッシュボード 出典:京セラ

 また、ダッシュボード上部の空間に映像を映し出す「空中ディスプレイ」や、自然光に近い光を作り出すLED照明「CERAPHIC(セラフィック)」、京都オパールや人工オパールなどを用いた装飾など、自社技術の製品も実装している。

 この他、インパネとセンターコンソールには、リアルな触感でクリック操作などができる触覚伝達技術「HAPTIVITY(ハプティビティ)」を、オーディオ関連ではピエゾ素子を用いた「振動スピーカー」を実装した。さらに、快適空間を演出するため、車室内に5種類の香りや匂いを噴射させるアロマ芳香器も備えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.