メディア
ニュース
» 2020年10月05日 09時30分 公開

Virtex UltraScale+ VU19P:ザイリンクス、16nmプロセスFPGAの量産出荷開始

ザイリンクスは、16nmプロセスを用いた大容量FPGA「Virtex UltraScale+ VU19P」の量産出荷を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

900万個のロジックセル、2000個以上のユーザーI/O搭載

 ザイリンクスは2020年10月、16nmプロセスを用いた大容量FPGA「Virtex UltraScale+ VU19P」の量産出荷を始めた。

 VU19Pは、900万個のロジックセル、320億個のトランジスタ、2000個以上のユーザーI/Oを搭載し、最大80個のシリアルトランシーバーによって、4.5Tビット/秒の帯域幅をサポートする。また、DDR4メモリ帯域幅は最大1.5Tビット/秒である。

Virtex UltraScale+ VU19Pの外観

 ザイリンクスは、VU19Pの主な用途として、「エミュレーション」や「プロトタイピング」「テストおよび測定装置」を挙げる。例えば、回路が大規模で複雑となるSoCやASICのプロトタイピングやエミュレーション、さらには複雑なアルゴリズムの開発などがVU19Pベースで可能となる。新たに定義された通信プロトコルの検証などにも有用である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.