メディア
ニュース
» 2020年10月12日 09時00分 公開

NVIDIA/Armに続く巨大M&A:AMDがXilinx買収か、複数メディアが報じる

AMDがXilinxの買収に向けて交渉を行っていると複数のメディアが報じた。早ければ来週にも何らかの公式発表がある可能性があるという。Wall Street Journal(WSJ)によると、両社が合意した場合、買収金額は300億米ドル相当になるとされている。

[Brian Santo,EE Times]

 AMDがXilinxの買収に向けて交渉を行っていると複数のメディアが報じた。早ければ来週にも何らかの公式発表がある可能性があるという。Wall Street Journal(WSJ)によると、両社が合意した場合、買収金額は300億米ドル相当になるとされている。

 AMDの株価は最近急上昇しており、これは取引がうまくいった場合、株式で支払われる可能性があることを意味している。WSJは、AMDの株価はことし89%成長し、現在の企業価値は1000億米ドルを超えるとしている。一方のXilinxは、米中貿易摩擦の影響を受け、Huaweiへの供給を継続するための免除措置を確保しようとしたが、失敗に終わった。

AMD CEOのLisa Su氏

 AMDによるXilinxの買収報道は、NVIDIAがArmを400億米ドルで買収するとの報道に続き、ことし発表された2つ目のメガM&Aとなっている。

 AMDとXilinxの組み合わせは、2015年にIntelが約167億米ドルで旧Alteraを買収したことを彷彿(ほうふつ)とさせる。これは、CPUの大手サプライヤーがFPGAの専門ベンダーを買収した前例であり、特にデータセンターにおけるAI(人工知能)技術の高速化の手段として、FPGAが注目されていることの表れでもあるだろう。

 ここ数年、AMDはPC市場で徐々にシェアを伸ばしてきた。さらに、長年、Intelの独壇場だったデータセンター市場(サーバ市場)でも、既に数パーセントのシェアをIntelから奪っている。

 AIアクセラレーション(主にディープラーニングの高速化)にはFPGAが用いられているが、GPUも同様に使用される。NVIDIAは、自社の技術をArmの技術と組み合わせることで、AIやデータセンター市場で、さらに競争力を強化したいと考えている。

 AMDによるXilinxの買収は、多くの市場セグメントでライバルとなっている企業に追い付くための手段ともいえるだろう。Intel、AMD、NVIDIA、ArmはHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)市場でも主要なベンダーの一つである。

【翻訳、編集:EE Times Japan】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.