メディア
ニュース
» 2020年10月15日 09時30分 公開

CIDやカーナビなどの用途に提案:航空電子、額縁レスで全面透明のタッチパネル開発

日本航空電子工業は、額縁配線がない全面透明の静電容量式タッチパネル「Full Touch Sensor」を開発した。車載向けの他、公共交通機関やデジタルサイネージといった用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

メタルメッシュセンサー技術を活用

 日本航空電子工業は2020年10月、額縁配線がない全面透明の静電容量式タッチパネル「Full Touch Sensor」を開発したと発表した。CID(センターインフォメーションディスプレイ)やカーナビゲーションといった車載向けの他、公共交通機関やデジタルサイネージなどの用途に向ける。

 同社は、印刷や貼り合わせの技術と、適切な素材との融合により、新たなユーザーインタフェースソリューションを生み出すコア技術「FLEXCONVERT」を開発してきた。このFLEXCONVERTを活用して開発、量産しているのが車載向けのメタルメッシュセンサーである。

 開発したFull Touch Sensorは、メタルメッシュセンサー技術と独自の配線技術によって、額縁配線がない静電容量式タッチパネルを実現した。感度が高く大きい画面に対応することができ、外周部もタッチ可能といった特長を持つ。操作性はもとより、ディスプレイのデザイン性を、より高めることが可能である。

Full Touch Sensorの外観と車載機器への搭載例 出典:日本航空電子工業

 Full Touch Sensorの厚みは、ガラス基材が1.1mm、フィルム基材は0.1mm(開発中)で、動作温度範囲は−30〜85℃、保存温度範囲は−40〜95℃である。また、各種静電コントロールICに適合している。

Full Touch Sensorの主な適用例 出典:日本航空電子工業

 Full Touch Sensorは、2020年10月20日から4日間開催される、「CEATEC 2020 ONLINE」に出展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.