メディア
パワーエレクトロニクス最前線 特集
ニュース
» 2020年10月28日 09時30分 公開

産業機器と自動車用途向けに投入:STとサンケン電気、高耐圧・高出力のIPMを共同開発

STマイクロエレクトロニクスとサンケン電気は、産業機器や自動車用途向けに、高耐圧で高出力のインテリジェントパワーモジュール(IPM)を共同で開発していく。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

産業用IPMのES品は2021年3月から出荷開始

 STマイクロエレクトロニクスとサンケン電気は2020年10月、産業機器や自動車用途向けに、高耐圧で高出力のインテリジェントパワーモジュール(IPM)を共同で開発していくと発表した。産業用IPM製品は2021年3月に、車載グレードのIPM製品は2021年後半に、それぞれエンジニアリングサンプル(ES)品の出荷を始める予定。

画像はイメージです。

 両社は、出力耐圧と出力電流が650V/50Aおよび、1200V/10Aの産業用IPMについて、市場調査から商品企画、製品開発までを共同で行う。開発するIPM製品は、ハイサイドおよび、ローサイドゲートドライバーを搭載し、還流ダイオードを備えた6個のIGBTを含むインバーター段を、単一パッケージに集積するという。

 産業用IPM製品は、最大20kHzのスイッチング周波数で動作。ゲートドライバーのブートストラップダイオードや短絡保護、低電圧誤動作防止機能(UVLO)、温度監視用の100kΩサーミスター、フォルト保護用のコンパレーターなども内蔵している。パッケージは絶縁定格2500Vrms(1分)を保証する。

 産業用IPM製品は、HVAC(冷暖房空調)システムや産業用サーボドライブ、産業用洗濯機、3kW超の汎用インバーターといった用途に向ける。車載グレード品として650V/50AのIPM製品もシリーズに追加する予定である。高電圧コンプレッサーやポンプ、冷却ファンなどの用途に提案していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.