メディア
ニュース
» 2020年11月10日 13時30分 公開

最大4個のGNSS衛星群を追跡:ユーブロックス、GNSS測位プラットフォーム発売

ユーブロックスジャパンは、丈夫で消費電力が極めて小さいGNSS(全地球測位システム)測位プラットフォーム「u-blox M10」の販売を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

消費電力は従来品の5分の1に削減

 ユーブロックスジャパンは2020年11月、丈夫で消費電力が極めて小さいGNSS(全地球測位システム)測位プラットフォーム「u-blox M10」の販売を始めた。ウェアラブル端末や資産および家畜を追跡する用途などに提案していく。

u-blox M10の外観

 u-blox M10は、1度に最大4個のGNSS衛星群を追跡できるため、高層ビルの谷間など受信が困難な場所でも測位データを配信することが可能である。レシーバーに採用している「Super-S技術」は、衛星信号が微弱であっても、測位信号とバックグラウンド・ノイズを区別して測位データを捉えることができる。RF感度も高く、アンテナの小型化が可能である。

 また、バッテリー駆動機器に向けて電力消費も抑えた。連続トラッキングモードで消費電力が12mWになるよう設計されているという。この値は、メートル級GNSS技術を用いた同社従来品に比べ5分の1である。改良版Super-Eモードに切り替えると、バッテリーの利用時間をさらに伸ばすことができる。

 この他、GNSSからのRAWデータ分析によるスプーフィング信号の検出、妨害電波の検出、インバンドRF干渉の影響を軽減するフィルターなどの機能が搭載されている。チップサイズは従来品に比べ35%縮小したという。

 u-blox M10搭載の製品として既に、GNSSモジュール「MAX-M10S」とGNSSチップセット「UBX-M10050」の供給を始めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.