メディア
ニュース
» 2020年11月16日 13時30分 公開

中村勝史氏:ADI日本法人の新社長、「今後はスピード感を重視」

米Analog Devices(ADI)の日本法人であるアナログ・デバイセズは2020年11月13日、11月1日付で新社長に就任した中村勝史氏の就任記者会見を開催した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 米Analog Devices(ADI)の日本法人であるアナログ・デバイセズは2020年11月13日、11月1日付で新社長に就任した中村勝史氏の就任記者会見を開催した。なお、前社長だった馬渡修氏は11月1日付で会長に就任している。

ADI一筋で、アナログ業界に携わってきた

 京都府出身の中村氏は、米国の大学、大学院に進学したのち、1994年にADI米国本社に、コンバーター事業部の設計エンジニアとして入社。組み込み用途向けのCMOSデータコンバーターの初期の技術開発に携わった。

2020年11月1日付でアナログ・デバイセズ社長に就任した中村勝史氏

 中村氏は「当時のADI本社は、現在の100分の1くらいの小規模なチームだった。だが、最先端のアナログICを開発しているという点に魅力を感じて入社した。ADIのファウンダーらは、CMOSを使ったアナログICを開発しなければならないという強い思いを持っていた。ほんの数人で、CMOSアナログICを開発し始めたのだが、そのチームに私も入っていた」と語る。

 その後は、デジタル画像処理用途の製品ライン開発の開発リーダー、コンバーター事業本部コンスーマー統括のプロダクトライン・ディレクター、医療およびコンスーマービジネス本部の技術戦略を主導するCTO(Chief Technology Officer)として、ADI一筋でアナログ技術開発に従事してきた。もともとB to B(Business to Business)で事業を行ってきたADIは1990年代にB to C(Business to Consumer)に舵を切り、そこから大きく成長することになるのだが、その90年代の急成長を経験した1人でもある。

 2019年には、当時アナログ・デバイセズの社長だった馬渡氏に声をかけられる形で、同社のシニアディレクターも兼任し、産業・医療・通信セールス本部を統括し、11月1日に社長に就任することとなった。

巣ごもりでコンスーマー事業が成長

 中村氏は、ADIの事業の柱として、5G(第5世代移動通信)、産業オートメーション、オートモーティブ、ヘルスケアを挙げた。

 産業オートメーションについては「ADIでは、世界でも日本でも売上高の半分以上が産業用。ADIにとってベースとなる事業であり、顧客数、製品ポートフォリオともに最も多い分野」と語った。「日本のオートメーション技術は海外で使われるようになっている。2020年4月になって、中国が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)からいち早く回復したこともあり、ADIの事業でいうと、前年比増になっているくらい成長している分野でもある」(中村氏)

 オートモーティブについては、同じくCOVID-19によって自動車市場が大きな打撃を受けるも、「この2〜3カ月で急速に回復している。産業分野同様、中国が早いタイミングで回復しているからだ。電動化もますます加速している」と中村氏は述べる。

 ヘルスケアでは、近年、医療業界においてPOCT(Point of Care Testing)*)への注目が高まっている背景から、製品の提供先が、大型診断装置だけでなくPOCT用のポータブル診断機器などにも広がり、出荷数が増加しているという。「COVID-19に関しては、人工呼吸器に必要な部品を優先的に提供するなど、われわれにできる形で貢献した」(中村氏)

*)検査室ではなく、ポータブル型診断機器などを用いて、自宅なども含め被検者、患者の傍らでリアルタイムで行う検査(参考:Ignazzo)。

 売上高に関しては、最も低い割合を占めているコンスーマー分野が、ステイホームなどの影響で伸びた。2020年度第1四半期(2019年11月〜2020年1月)、第2四半期(2020年2〜4月)は前年比で大きく落ち込んだものの、第3四半期(2020年5〜7月)には需要が増えたことに伴い、出荷数も増加し、「前年比でほぼフラットになるまで戻ってきた」(中村氏)。なお、第4四半期(2020年8〜10月)および2020年度通期の業績は、間もなく発表される予定だ。

ADIの売上高および注力市場 出典:アナログ・デバイセズ(クリックで拡大)

スピード感とグローバル展開が課題

 中村氏は、「ADIは技術がうりの会社。最先端の技術をどう提供していくかが常に重要になる。実用化や開発についても、これまで以上に速いペースが求められるが、それを達成するにはアナログ・デバイセズとして技術のサポートのレベルを上げなくてはいけないと考えている」と語る。

 「日本は新しい技術をいち早く取り入れる“トレンドセッター”の国だ。日本はモノづくりに強く、品質が非常に高いものを開発するが、それを実際の製品やシステムに取り込むという意味ではやはり中国などが速い。日本が数年かけて新しい技術を熟成していくところを、中国は1年で行ってしまうというくらい、ペースが違う。今後はこのスピード感が課題になる。アナログ・デバイセズだけでなく、当社の顧客企業も巻き込んで、素早くグローバルに展開していくことが重要だ」(中村氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.