メディア
ニュース
» 2020年11月17日 13時30分 公開

フルスペックの富岳で達成:「富岳」が2期連続でスパコンランキング4冠達成

理化学研究所(理研)と富士通は2020年11月17日、共同開発しているスーパーコンピュータ「富岳」が、スパコンに関する世界ランキング「TOP500」「HPCG」「HPL-AI」「Graph500」の4つで1位を獲得したと発表した。フルスペックの富岳を用いた結果であり、世界初の同時4冠となった2020年6月の前回に引き続き2期連続で4冠達成となる。

[永山準,EE Times Japan]

 理化学研究所(理研)と富士通などは2020年11月17日、両者が共同開発するスーパーコンピュータ「富岳」が、スパコンに関する世界ランキング「TOP500」「HPCG」「HPL-AI」「Graph500」の4つで1位を獲得したと発表した。フルスペックの富岳を用いた結果であり、世界初の同時4冠となった2020年6月の前回に引き続き2期連続で4冠達成となる。

スーパーコンピュータ「富岳」 出典:理化学研究所、富士通

 富岳が世界初の4冠を達成した前回ランキングでは、「2020年5月に納入を完了したばかりで、富岳の性能を100%発揮したものではない」(理研計算科学研究センターのセンター長、松岡聡氏)形でのベンチマークだったが、今回は「富岳」のフルスペック(432筐体、15万8976ノード)を用いた数値であり、いずれも「第2位に大きな差をつけて、第1位を獲得した」としている。

 具体的には、LINPACKの実行性能を指標として世界で最も高速なコンピュータシステムの上位500位までを定期的にランク付けし、評価するプロジェクト「TOP500」では、LINPACK性能は442.01PFLOPS、実行効率は82.3%だった。2位は米国の「Summit」で、測定結果は148.6PFLOPS。富岳は2位と約3倍の性能差をつけている。また、前世代のスパコン「京」(測定結果10.51PFLOPS※2011年11月時点)とは42倍以上の性能向上を達成した形だ。

 産業利用など実際のアプリケーションでよく用いられる共役勾配法の処理速度の国際的なランキング「HPCG」では、16.00PFLOPSを達成。こちらも2位は米国のSummitで、測定結果は2.93PFLOPS。富岳は2位と約5.5倍の性能差を発揮。京(測定結果0.603PFLOPS※2016年11月時点)からは26倍以上の性能向上となった。

 人工知能計算などで活用されている単精度や半精度演算器などの能力も加味したスパコンの計算性能を評価する指標として、2019年11月に制定された新たなベンチマーク「HPL-AI」では、2.004EFLOPSを記録。2位のSummitの測定結果は0.55EFLOPSで、富岳は3.6倍の性能差をつけたことになる。

 大規模グラフ解析に関するスーパーコンピュータの国際的な性能ランキング「Graph500」では、通信性能の最適化等を行うことで、約2.2兆個の頂点と35.2兆個の枝から構成される超大規模グラフに対する幅優先探索問題を調和平均0.34秒で解くことに成功。スコアは、10万2955GTEPS。2位は、中国の「Sunway TaihuLight」で、測定結果は2万3756GTEPS。富岳は2位と約4倍以上の性能差をつけた。なお、Graph500に関しては、両者のほか九州大学、フィックスターズも加わる共同研究グループによって達成された。

 松岡氏は、「『富岳』はSociety5.0に代表される、国民の関心事の高い種々のアプリケーションで高い性能が出るように開発したが、その結果として、全ての主要なスパコンの諸元で突出して世界最高性能であることを、前回ランキング時点から更に性能を向上させる形で、再び示すことができた。今後、富岳は、スパコンとしてのそれ自身の利用と共に、開発された富岳のITテクノロジーが世界をリードする形で広く普及し、新型コロナに代表される多くの困難な社会問題を解決し、我が国のイノベーションを先導していくだろう」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.