メディア
ニュース
» 2020年11月26日 13時30分 公開

トレックス、Cirel Systems製品を世界市場で販売代理店販売契約を締結

トレックス・セミコンダクターとインドCirel Systemsは、Cirel製ミックスドシグナルIC製品を、トレックスが世界市場で販売することに合意した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

相互ビジネスの拡大と製品ポートフォリオを強化

 トレックス・セミコンダクターとインドCirel Systemsは2020年11月、Cirel製ミックスドシグナルIC製品を、トレックスが世界市場で販売することに合意したと発表した。

 トレックスとCirelは2019年10月に、技術協力と製品開発強化のため、資本提携することで基本合意していた。今回の販売提携は、相互ビジネスの拡大と製品ポートフォリオを強化するのが狙いである。

Cirel製電源管理用ICの応用イメージ

 Cirelはミックスドシグナル技術に特化した会社で、I2Cとバッテリー残量ゲージを集積した低電力の「バッテリー管理IC」や、電力管理とセンサーコントローラの機能を統合したスタイラスペン向けICなどを提供している。ただ、広範な販売網は構築していなかった。

 一方、トレックスは小型で低消費電力のアナログ電源ICを中心とする専業メーカー。今回の販売代理店契約により、ミックスドシグナルICを新た追加し、製品ポートフォリオを強化する。

 CirelのCEOを務めるSumeet Mathur氏は、「緊密な協力により、両社はより効率的にサービスを顧客に提供できるようになると確信している」とコメントした。トレックスの芝宮孝司社長も、「ミックスドシグナルIC製品を追加し製品ポートフォリオを強化することで、省スペースと高精度の消費電力および、電力シーケンスの制御を求める顧客に付加価値ソリューションを提供できるようになる」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.